三宅健 元V6メンバー・坂本昌行の結婚を祝福「色んな意味で一人になっちゃった」【芸能】

JNN/TBS
2022年1月14日 (金) 04:00
三宅健 元V6メンバー・坂本昌行の結婚を祝福「色んな意味で一人になっちゃった」【芸能】

三宅健さんと音月桂さんらが舞台「陰陽師 生成り姫」の製作発表記者会見に登壇しました。

今回、三宅さんは新橋演舞場・南座初座長を務め、「安倍晴明を演じます三宅健です。安倍晴明はいろんな方が演じられていて、この役を演じるのは光栄だったけど、同時にプレッシャーもあった。自分にしか出来ない安倍晴明を演じたいと思います。」と意気込みを述べました。演出の鈴木裕美さんとは4回目の共演とのことで「裕美さんの演出というだけで苦しみを感じます。辛いです。ものづくりはそうだけど、内容をみんなで紐解く作業は楽しいけど苦しさもあるので、そういう意味で辛いです。」と答えました。

それを受け鈴木さんからは「安倍晴明という役は三宅健のパーソナリティの部分を使えるんじゃないかなと思う。大きい声では言えないけど、感じ悪いところと物言いがハラハラするところあるじゃないですか」とストレートにいい、すかさず三宅さんは「失礼だなー」と突っ込む場面もありました。隣で笑っていた音月さんは「はじめての本読みで緊張感がある時にフラットに三宅さんが“わかんねーよ”とか言うので、その空気感を作ってくれたので、緊張感が和やかに溶けるので、自由に伸び伸びとやっていいと感じた」と答え。

それを聞いた三宅さんは「世間のパブリックイメージの中にそういう失礼ブッこいていることあるけど、全てエンターテイメントですから。本来の私ではない」と反論。木場勝己さんからは「私は気が小さい。三宅くんがガン飛ばしてる。マスクをしてて目しかわからないけど。優しいけど、時々怖い」といい会場を笑わせました。

また、元V6メンバーの坂本昌行さんが結婚したことに対して聞かれると三宅さんは「嬉しい。自分のメンバーのそう言った幸せは嬉しかった。」と答え自身の結婚について問われると「色んな意味で一人になっちゃった。ひとりぼっち。今のところ(結婚の)予定はない」と答えました。(14日04:00)