北朝鮮発射 中国「過剰に反応するべきではない」

JNN/TBS
2022年1月14日 (金) 22:34

北朝鮮が14日午後、日本海に向け短距離弾道ミサイルとみられる2発を発射したことを受け、中国政府は「過剰反応すべきではない」として、アメリカなどを念頭にけん制しました。

中国外務省 汪文斌 報道官
「各国はそそくさと性質を定め、過剰に反応するべきではない」

中国外務省の汪文斌報道官は14日の記者会見で、「発射物の性質はさらなる研究、判断が必要だ」と発言。中国側は前日にも、ミサイル開発に関わったとする人物を新たに制裁対象に加えたアメリカについて「対抗しようという感情を激化させるだけだ」と非難するなど、けん制する発言を繰り返しています。(14日19:55)