大阪放火殺人 「日本最悪の凶悪事件」検索した履歴

JNN/TBS
2022年1月15日 (土) 06:08

25人が犠牲となった大阪・北新地のクリニック放火殺人事件。死亡した容疑者のスマートフォンに「日本最悪の凶悪事件はなにか」などの検索履歴が残っていたことが分かりました。

先月17日、大阪・北新地の心療内科クリニックが放火され25人が犠牲となった事件で、放火と殺人の疑いが持たれている谷本盛雄容疑者(61)は先月30日に死亡しました。

警察によりますと、現場で見つかった谷本容疑者のスマートフォンには「日本史上最悪の凶悪事件はどんな事件がありますか」「死ぬ時くらい注目されたい」などの検索履歴が残っていたほか、スケジュールアプリには事件の半年前、「踊り場の扉の寸法をとる」と記されていたということです。

警察は、谷本容疑者が多くの人を巻き込み自殺しようとした可能性もあるとみて調べています。(14日21:46)