“流行”国・地域からの入国者の待機期間も10日に短縮へ

JNN/TBS
2022年1月15日 (土) 06:08

政府は、オミクロン株が流行している国や地域から入国する人の待機期間についても、現在の14日間から10日間に短縮する方針を示しました。

後藤茂之 厚労相
「オミクロン株の潜伏期間は3日のケースが最も多く、10日を超えることは極めて稀であるということが判明をいたしました」

後藤厚労大臣は、きのうの夜、濃厚接触者が自宅などで待機する期間を14日間から10日間に短縮する方針を示しましたが、これにあわせて、オミクロン株が流行している国や地域から入国する人の待機期間についても、現在の14日間から10日間に短縮すると発表しました。

また、医療従事者など、いわゆる「エッセンシャルワーカー」については、待機から6日目にPCR検査などで「陰性」だと確認されれば解除を認める方針です。(15日00:04)