松山英樹 王者の技で5位浮上、アマ中島啓太も猛チャージ

JNN/TBS
2022年1月15日 (土) 19:29

アメリカ男子ゴルフのソニーオープン2日目。マスターズ王者・松山英樹選手が世界の技を披露。前半6番、パー4の第3打。山なりのロブショットで、ピン5メートル手前に落とすと、そのまま転がりカップイン。前半は出入りの激しいゴルフながらも、3つスコアを伸ばします。

後半に入ると安定感を取り戻し、ボギーなしでまとめた松山選手。トータル9アンダーで5位タイに浮上しました。

松山英樹選手
「すごく良いプレーができたと思います」

同じくこの日、猛チャージを見せたのが、松山選手と共に4月のマスターズに出場する世界最強アマチュア21歳・中島啓太選手。アメリカツアーという最高峰の舞台で、7バーディー1ボギーと堂々のプレーを披露。松山選手と同じ9アンダーまでスコアを伸ばし、優勝も狙える好位置で決勝ラウンドに進みました。(15日17:57)