米CDC「可能な限り最も防護性能の高いマスクを」着用指針改定

JNN/TBS
2022年1月16日 (日) 11:10

アメリカのCDC=疾病対策センターは新型コロナ対策としてのマスク着用に関する指針を改定し、「可能な限り最も防護性能の高いマスク」を着用するよう提言しました。

CDCは14日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ効果があるマスクの着用についての指針を説明するウェブサイトを更新しました。過去2年間の科学的な知見を反映したとしています。

指針では、不織布などでできたいわゆるサージカルマスクや、「KN95」といったマスクは布製など他の種類に比べてより防護性能が高く、「N95」は「最も性能が高い」と指摘。ただ、供給不足への懸念などから「N95」などに特定して推奨はせず、「可能な限り最も防護性能の高いマスク」を着用するよう提言しました。また、どんな種類でも、顔にフィットし隙間ができないマスクを適切に着用することが重要だとしています。(15日19:37)