岸で女性の遺体見つかる 身元につながる所持品なし 沈没の知床観光船の乗客か 国後島

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年5月13日 (金) 13:54

今月6日に北方領土の国後島の西岸で女性の遺体が見つかったとロシア側から連絡があり、北海道の知床沖で沈没した観光船の乗客の可能性もあるとみて海上保安庁は情報収集を急いでいます。

海上保安庁によりますと、ロシア国境警備局から「今月6日に国後島の西岸で女性の遺体を発見した」と、10日に連絡がありました。女性の遺体は、国後島の古釜布の病院に運ばれていて、国籍については現時点で不明。身元につながる所持品も見つかっておらず、ロシアのサハリン州当局が調査を行っているということです。

知床岬から国後島までは、最も近い場所は40キロほど。

今回の事故では、ロシアと締結するSAR協定に基づき、不明者の捜索などが行われています。