マラソン“世界最速夫婦”鈴木健吾&一山麻緒が合同合宿 ギネス認定書と笑顔でパチリ

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年5月13日 (金) 17:21
マラソン“世界最速夫婦”鈴木健吾&一山麻緒が合同合宿 ギネス認定書と笑顔でパチリ
7月の世界陸上オレゴンへ向け合同合宿中のマラソン代表・鈴木健吾(26)と一山麻緒(24)夫妻が長野県菅平で12日、取材に応じた。

ふたりは昨年12月に結婚、鈴木は男子マラソンの日本記録保持者(2時間4分56秒)、一山は東京五輪8位入賞とマラソン界のビッグカップルとして注目を集めた。

今年3月の東京マラソンで鈴木は2時間5分28秒で日本勢最高の4位、一山は2時間21分2秒で日本勢最高の6位とし、「同一大会での夫婦の合計タイム」のギネス世界記録を4時間26分30秒に更新した。11日に認定書が手渡され、公式に「世界一速い夫婦」となった。翌日、笑顔で記念撮影に応じたふたり。

鈴木は「自分がギネス認定される側になれるとは思っていなかった。嬉しいです」と語った。夫婦そろって出場する世界陸上について一山は「(東京五輪の)8番よりも良い順位でゴールしたいなって気持ち」と、意気込んだ。

 
TBS NEWS DIG Powered by JNN

お互いへのエールを求められると一山は「思いっきり楽しんで走ってほしい」と話すと、鈴木も「楽しんで走ってほしいです」と応え、一山に「一緒じゃん」と顔を見合わせて仲睦まじい様子をみせた。