牛久強盗致死事件から22年 被害少年の遺族が情報提供呼びかけ

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年5月14日 (土) 15:06

茨城県牛久市で、17歳の少年が集団暴行を受けて死亡した事件は、未解決のまま22年が経ちました。遺族は14日、事件の解決に向けた情報提供を呼び掛けました。

この事件は2000年5月4日、茨城県牛久市のスーパーの駐車場で当時17歳だった藤井大樹さんが、男4人に現金を奪われた上、暴行を受け死亡したものです。

22年が経った今も事件は未解決であることから、14日、母親の藤井康子さん(64)が警察とともに事件解決に向けた情報提供を呼び掛けました。

母親・康子さん
「(男)4人を知ってる人はぜひとも情報提供をお願いしたいと思っております」

警察は事件に関わったとみられる男4人組が写る防犯カメラの動画を公開していて、「ささいな情報でも積極的に連絡してほしい」としています。

【情報提供】
竜ケ崎警察署    0297-62-0110
茨城県警捜査一課  029-301-0110