夫探す妻に“ひまわり畑の下に埋められている” 第二次世界大戦下舞台の映画に長蛇の列「今ウクライナで経験していることそのもの」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年5月15日 (日) 00:51

ロシアによるウクライナ侵攻を受けたある映画の緊急上映会に長蛇の列ができました。

記者
「上映2時間前ですが、会場前には既にご覧の列ができています」

上映されたのは第二次世界大戦によって引き裂かれた男女を描いた名作「ひまわり」。撮影場所はウクライナ。

映画では戦争で行方不明になった夫を必死に探す妻に、ひまわり畑の下に多くの人が埋められていると告げられます。

実際ウクライナにはそうした場所が幾つもあるとされています。

定員1000人の会場は満席です。

上映後の観客
「ひまわりがたくさん植えてあってきれいだったんですけど、(ひまわりの下に)戦争で死んでしまった人の死体も入っているので、 少し悲しみとかも」

会場には、駆けつけたウクライナ大使の姿も。

コルスンスキー 駐日ウクライナ大使
「こうしたことは今、我々がウクライナで経験していることそのものなのです。これこそが(戦争の)本質であり。今まさにこの映画を観るべき理由なのです」