「西側がハイブリッド戦争を宣言」ロシア外相「我々は受けて立つ」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年5月15日 (日) 12:17

ロシアのラブロフ外相は、ウクライナへの侵攻に対する欧米による制裁などを念頭に「西側はハイブリッド戦争を宣言した」とし、「我々は受けて立つ」と語りました。

ロシア ラブロフ外相
「西側諸国は我々に対し、全面的なハイブリッド戦争を宣言しており、いつまで続くのか予測が難しいが、その影響は例外なく全ての人に及ぶことは明らかだ」

ロシアのラブロフ外相は14日、外交・防衛の専門家らとの会合でこのように述べ、「直接衝突するのを避けようと手を尽くしたが、挑戦された以上我々は受けて立つ」と語りました。そのうえで「制裁には慣れている。常に何らかの形で制裁は行われてきた」と強調しています。

また、ラブロフ氏は「ロシアを孤立化させようとする西側の試み」は成功しないと主張、中国やインドなどとの関係を重要視していく考えを示しました。