遺体を自宅に遺棄か 75歳の男を逮捕 千葉・市原市

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年5月15日 (日) 12:49

千葉県市原市で、75歳の男が自宅のアパートに死体を遺棄したとして逮捕されました。

14日午前10時過ぎ、市原市八幡にあるアパートの管理会社から「異臭がする」と通報があり、警察官がアパートの一室を訪れたところ、和室に遺体が置いてあるのを見つけました。

警察はこの部屋の住人の小原隆夫容疑者(75)を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

遺体に目立った外傷などはないものの、腐敗が進んでいて、性別などはわからないということです。

取り調べに対し小原容疑者は容疑を認めているということで、警察は遺体の身元の特定を急ぐとともに、小原容疑者が詳しい経緯を知っているとみて調べています。