憧れのレジェンドからの教えに感激 宮部愛芽世「頑張ろうって気持ちしかない」眞鍋ジャパン新チーム初のゲーム練習

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年5月15日 (日) 17:03
憧れのレジェンドからの教えに感激 宮部愛芽世「頑張ろうって気持ちしかない」眞鍋ジャパン新チーム初のゲーム練習
6月のネーションズリーグに向けバレーボール女子日本代表が、14日、鹿児島・薩摩川内市での合宿4日目を迎えた。練習にはパリ五輪へ女子日本代表をサポートする「アントラージュfromロンドン」のロンドン五輪銅メダリストの竹下佳江(44)と佐野優子(42)が参加。

 
TBS NEWS DIG Powered by JNN

練習前にはセッター陣が竹下のもとに、リベロ陣は佐野のもとに集まった。竹下は「少しでも選手達のヒントになることがあれば。同じセッターとして気持ちを分かってあげられる部分もあると思う」と話した。また佐野は「率直にポテンシャルの高い選手が多い。自分達の時よりも器用な選手が多い」と現在の代表メンバーについて語った。

 
TBS NEWS DIG Powered by JNN

竹下と佐野は、練習中も気になることがあれば積極的に選手達に声をかけ、練習前後に行う自主練習にも参加。経験や知識を伝えようとしていた。佐野に教えをうけた大学生の宮部愛芽世(20)は「的確なアドバイスをいただけた。言われたことは納得できたし、実戦したら上手くいった。あとめちゃくちゃ褒め上手。すごくうれしくて頑張ろうって気持ちしかない」とレジェンドからの教えに感激。教わったことをすぐに自分のものにしていく覚悟がみられた。

 
TBS NEWS DIG Powered by JNN

午後からはチーム発足後、初となるゲーム形式での練習が行われた。眞鍋政義(58)監督は特にこだわってほしい点について「勝敗」、「アピールする」、「サーブ」と3点を明確に選手に告げた。メンバーを入れ替えながら5セットゲームが行われ、ゲーム間には選手同士で細かな話し合いも多くみられた。新キャプテンの古賀紗理那(25)は「自分達は結果を求められる世界にいるので勝てるチームを作りたい。そのためには積み上げが大事なのでしっかり積み重ねていきたい」と冷静に現状を分析した。

 
TBS NEWS DIG Powered by JNN