東京インテリア家具 独禁法違反の疑いで公正取引委員会が立ち入り調査

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年6月23日 (木) 15:12

家具などの販売を手がける「東京インテリア家具」が、納入業者に対し従業員を無償で派遣させ店舗の商品陳列をさせたなどの疑いがあるとして、公正取引委員会はきょう、関係先の立ち入り検査に入りました。

立ち入り検査が行われたのは、栃木県鹿沼市にある「東京インテリア家具」の本部など2か所です。

関係者によりますと「東京インテリア家具」は複数の納入業者に対し、・新規店舗の開店時に無償で従業員を派遣させ商品の陳列をさせたり・セール時に協賛金を出させたりした疑いがあるということです。

公正取引委員会はこうした行為が独占禁止法で禁止された、「優越的地位の濫用」にあたる疑いがあるとみて調べています。

「東京インテリア家具」の担当者は取材に対し、「調査に協力していく」とコメントしています。