【市川海老蔵】11月に襲名 勸玄は“やる気スイッチが入ってきた”「七月大歌舞伎」取材会

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年6月23日 (木) 19:42
【市川海老蔵】11月に襲名 勸玄は“やる気スイッチが入ってきた”「七月大歌舞伎」取材会
歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、歌舞伎座「七月大歌舞伎」の取材会に出席。長女の市川ぼたんさん、長男の堀越勸玄さんと東京・歌舞伎座で親子共演する意気込みを語りました。
ぼたんさんが歌舞伎座で1か月間の本興行に出演するのは初めてです。

市川海老蔵さん
海老蔵さんは、まず1人で会見。11月に勸玄さんが市川新之助を襲名することに触れ、“彼もようやく『やる気スイッチ』が入ってきたので、襲名披露に向けての稽古もしています”と話し、“親子で(舞台共演を)するというのは、歌舞伎の家としては当然といいますか、渡していかないといけない作業がございますので、嬉しいなというだけではなくなってきたな”と気を引き締めた様子。
そして、自身も團十郎を襲名することについて“新之助から海老蔵、海老蔵から團十郎になるのは、皆様から見たら当たり前のことなのかもしれませんが、私にとっては海老蔵という愛着ある、知っていただいている名前を変えるというのは、團十郎という大きな名前を相続するのは、自分だけのことだけでなく、歌舞伎のために生きるということが大きくなるんだろうな”と、名前の重さをひしひしと感じているようでした。

また、会見前日の22日は妻・麻央さんの5回目の命日。
海老蔵さんは子どもたちと学校に行く前に墓参りをし“勸玄の襲名が決まったよとか、麗禾が実は声優としてデビューすることになったよとか、(子どもたちが)自発的に彼らが言うこと、そして私自身も襲名が決まったよと、いろいろ心配なことがあるだろうけど、見守ってほしい“と報告したことを明かしました。
そして、今回の公演を海老蔵として“集大成にはしたくない。続・歌舞伎の道っていうふうになれるようにありたい”と意気込みました。

市川ぼたんさん
さらに市川ぼたんさん、堀越勸玄さんが取材陣の前に、海老蔵さんと一緒に登場。
ぼたんさんは、最近の海老蔵さんについて“お父さんは、優しくてかわいらしくて…”と話し出すと、海老蔵さんはおもわず“それ言うなー”と照れ笑い。ぼたんさんが続けて“舞台に立っている時は、本当にすごいなと思いますし、家にいる時は優しくて面白くてかわいい”と話すと、海老蔵さんは“かわいいはずがないんだ、俺は”などとあまのじゃくぶりをみせて笑わせました。

堀越勸玄さん
一方、勸玄さんは海老蔵さんについて“大人げない”と一刀両断。“ゲームとかで大人げない”と明かすと、会場は温かい笑いに包まれました。

最後は、親子でしっかり「七月大歌舞伎」をPR。
勸玄さんは“堀越勸玄として舞台に出るのは7月が最後なので、ぜひ観に来てください”、ぼたんさんも“私は初めて歌舞伎座に出させていただきます。どうぞ観に来てください”と呼びかけていました。

【担当:芸能情報ステーション】