【速報】5月の消費者物価指数 2.1%上昇 2か月連続で2%超に 食料品の価格はおよそ7年ぶりの上昇幅

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年6月24日 (金) 08:45

歴史的な物価上昇はしばらく続きそうです。5月の消費者物価指数は去年より2.1%上昇しました。2%超えは2か月連続です。

総務省が発表した5月の全国の消費者物価指数は、変動の大きい生鮮食品を除いた指数が去年5月より2.1%上昇しました。

先月は消費税の増税時を除くとおよそ13年ぶりの2%超えとなりましたが、今月も同じペースで上昇しました。

原油価格の高騰を背景に▼電気代が18.6%、▼都市ガス代が22.3%上昇。食用油や小麦粉の高騰、円安の影響で食料は2.7%上昇しました。

上昇幅は7年2か月ぶりの大きさです。また、中国・上海のロックダウンの影響で、品不足となっているエアコンなどの価格も上昇していて、民間のエコノミストの予測では2%を超える物価上昇が年内は続くとの見方が大勢です。