スポーツ用品大手「ナイキ」もロシアから完全撤退へ

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年6月24日 (金) 10:18

ウクライナ侵攻をうけ、アメリカのスポーツ用品大手ナイキがロシアでの事業から完全撤退することを決めました。

ナイキは23日までにロシアでの事業から完全撤退を決め「今後、数か月で事業を縮小する間に従業員を支援することが最優先事項だ」との声明を発表しました。

ロイター通信などによりますと、ウクライナ侵攻を受け、ナイキは今年3月からロシア国内で通信販売や直営店舗の営業を一時停止していました。

ロシアとウクライナをあわせた売上高は全体の1%未満とロシアからの完全撤退による業績への影響は小さい見通しで、ウクライナ侵攻に反対する会社の姿勢をより鮮明にする狙いがあるとみられます。

ロシアからはこれまでにもマクドナルドやスターバックスなど欧米の大手企業が撤退を決めています。