世界有数の半導体メーカー「TSMC」が日本国内の開発拠点を本格始動

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年6月24日 (金) 16:51
世界有数の半導体メーカー「TSMC」が日本国内の開発拠点を本格始動

「日の丸半導体」復活への足がかりとなるのでしょうか。世界有数の台湾の半導体メーカー「TSMC」が日本の開発拠点を始動させました。

台湾の世界的半導体メーカー「TSMC」は24日、茨城県つくば市にある半導体の製造技術の開発拠点を本格スタートさせました。

総事業費370億円のうち日本政府がおよそ半分の190億円助成をして誘致を実現させたもので、開発には日本企業およそ20社が参加する予定です。

半導体不足などを背景に、世界では最先端の半導体の供給網を囲い込む動きが強まっていて、日本政府はTSMCが熊本県に建設する新たな工場にも最大4760億円を助成することを決めています。

政府としては経済安全保障を強化する狙いのほか、高い技術力を持つTSMCと日本企業が共同開発することで半導体分野で勢いを失った日本の国際競争力を高めたい考えです。