“大谷しか勝たん”8勝目 大谷翔平また連敗ストッパー 圧巻の投球術で5連勝 打撃ではメジャー通算300打点&2年連続2桁盗塁

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年7月7日 (木) 11:21
“大谷しか勝たん”8勝目 大谷翔平また連敗ストッパー 圧巻の投球術で5連勝 打撃ではメジャー通算300打点&2年連続2桁盗塁
■メジャーリーグ エンゼルス 5ー2 マーリンズ(日本時間7日 ローンデポ・パーク)

エンゼルス・大谷翔平(28)が“3番・投手”で先発。28歳となっての初マウンドはメジャー5年目にして初のマイアミと、初ものづくしとなった。
初マウンドでの立ち上がりは大事に行きたいところ。1番J・バーティ(32)をショートゴロに打ち取ったがL・レンヒーフォ(25)がエラー。2番J・ウェンドル(31)にはカーブを打たれツーベース、いきなり無死二、三塁のピンチを招いた。すると3番G・クーパー(31)にライトへ犠牲フライを打たれ失点、大谷の無失点記録も21回2/3でストップした。
一気に崩れそうな流れだったが4番J・アギラ(31)をスプリットで空振り三振、5番A・ガルシア(30)をセンターフライと気持ちを切り替え最少失点で切り抜けた。

2回も2死一、二塁とスコアリングポジションに走者を背負ったが1番バーティーをカーブでライトフライに打ち取り無失点。しかし1回のウェンドル、2回のバーティーと2球しか投げていないカーブを2球とも捉えられていた。

3回以降の勝負球にはスプリットを選択、3番・クーパー、4番・アギラをスプリットで連続三振とすると、4回の6番J・サンチェス(24)、7番B・アンダーソン(28)も連続三振。ここまで全てスプリットで三振を奪った。

大谷が流れを作るとエンゼルスは0対1と1点を追う5回、2死満塁のチャンスを作り2番M・トラウトが押し出しの死球で同点に追いついた。
さらにここまで三振、サードゴロと2打席凡退の大谷はカウント2-1から内角のチェンジアップが詰まってファールに。ここでマーリンズのキャッチャー・スターリングスが間を開けるため2度サインを出しなおすと、今度は大谷が間を嫌いタイムをかけた。ここでマーリンズバッテリーは外角のストレートを選択、それを大谷は腕だけでコンパクトに逆方向へ弾き返し、勝ち越しの2点タイムリー、大谷の対応力が勝りメジャー通算300打点をマークした。

得点を取った後の回が大事といわれる5回裏、大谷は9番・スターリングを101マイル(163キロ)で空振り三振。1番・バーティにはカウント2-2から100マイル(163キロ)のストレートで三振を狙ったが見逃されボール、カウント3-2になると大谷はセットポジションでボールを長く持ちそこからスライダーで空振り三振、球種だけでなく投げ方も変えて抑えた。

3対1とリードした7回、第4打席の大谷は四球を選ぶと2塁ランナー・ビアー(30)とダブルスチールに成功し今季10個目の盗塁で2年連続2桁盗塁となった。

大谷は7回を投げ100球 被安打2 奪三振10 四死球3 失点1(自責点0)。
打撃では4打数1安打2打点1盗塁で打率.259とした。
大谷が投打の活躍でエンゼルスは7月に入って初勝利、またまた大谷がストッパーとなり
連敗を8で止め、大谷も自己最長の5連勝で8勝目となった。