イヤ~な部屋干しの『生乾き臭』 スッキリ!洗濯のプロが教える対処法【ひるおび】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年7月7日 (木) 16:30
イヤ~な部屋干しの『生乾き臭』 スッキリ!洗濯のプロが教える対処法【ひるおび】

梅雨が明けても、不安定な天気が続く今日この頃。日々の生活の中で『洗濯が悩みの種』という人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、部屋干しの生乾き臭に注目!イヤ~な“生乾き臭”はどのように防げばいいのでしょうか?臭いの原因から対処法まで、洗濯のプロが解説します。

■部屋干しの悩み1位『生乾き臭のニオイ』

TBS NEWS DIG Powered by JNN

なかなか洗濯物が外に干しづらい、ぐずついた天気・・・。

【梅雨時期・雨の日の洗濯物で、部屋干しする際に困ったことは何ですか?】という実態調査が行われました。やはり皆さんの悩みは『ニオイ』です。

洗濯物のニオイ・生乾き臭 58%
▼乾きムラがある・乾かない 45%
▼室内で邪魔になる     41%
▼部屋がジメジメする    31%
▼乾かすスペースがない   27% 
(パナソニック調べ)

およそ6割の人が「洗濯物のニオイ・生乾き臭」に困った経験があることが判明しました。

コメンテーター 伊藤聡子氏:
本当に洗濯したのにあの臭いがするともう絶望的な気持ちになりますよね、本当に臭いですよね。

弁護士 八代英輝氏:
僕は夏場ジョギングとかヨットとか、長い間汗かいたままの洋服があるじゃないですか。それを洗濯してその時は洗剤のいい匂いになっても、もう1回走り出すとあの匂いに襲われて、リタイアしたくなるっていうのがありますからね。

■“生乾き臭”の犯人は『モラクセラ菌』

TBS NEWS DIG Powered by JNN

そもそも、生乾き臭の原因は一体何なのでしょうか?

生乾き臭の原因は、非常に厄介な“菌”なんです。その名も、『モラクセラ菌』。

2011年に花王と愛知学院大学薬学部の河村好章教授が解明した菌で、
河村教授によると、「モラクセラ菌は、人や動物の口の中や鼻の粘膜など様々なところにいる常在菌の一種で、モラクセラ菌自体が臭っているわけではない」ということなんです。

この菌は、『健康な人には無害だが、免疫が極端に低下しているとアレルギーを起こすことがある』ということもわかっています。では、モラクセラ菌自体が臭っているわけではないとなると、ニオイの元となっているものは一体何なのか?

モラクセラ菌は、高温多湿な環境下で増殖します。増殖するときに排泄物(エサの分解物)を出すのですが、この排泄物が臭いの“元”結果的に『モラクセラ菌を増殖させてしまうと臭ってしまう』ということになります。

恵俊彰:
この菌自体はそんなに臭うわけじゃないと。菌を増やさなきゃいいんだね。だけど高温多湿で雨の時期はどんどん増えてくる

■ちょっとの油断で・・・「モラクセラ菌」増殖

TBS NEWS DIG Powered by JNN

河村教授によりますと、『衣服に付着した皮脂汚れやタンパク質エサにモラクセラ菌は増殖する』ということで、例えば・・・

▼汗をかいた服を、脱いだまま放置
▼部屋干しをしたがなかなか乾かない


このような状況はモラクセラ菌増殖にうってつけ、というわけです。

■一体どうすれば!洗濯機の中でも増殖

では、ニオイの原因、“モラクセラ菌の増殖”を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?
家庭での平日の洗濯のタイミングで考えてみます。

例えば、40代夫婦、中学生の息子、小学生の娘の4人家族のケース。
夕方、サッカーの部活を終えて中学生の息子が帰宅。汗をかいたユニフォームなどを洗濯機に入れ入浴します。その後、母と娘が着ていた服を洗濯機に入れ入浴、帰宅した父もシャツなどを洗濯機に入れて入浴。その後全員就寝し、翌朝洗濯。雨だったので部屋干しをしたーー。

一般的なパターンに思えますが、洗濯ソムリエの鈴木氏によると『寝ている時間がモラクセラ菌増殖のタイミング』になっているといいます。恵俊彰:
洗濯機の中で!部屋干しとかではなくて、洗濯機の中で増えているんですか!

コインランドリーフレディレックウィッシュサロン企画開発兼ディレクター
洗濯ソムリエ 鈴木清氏:

そうですね。長い間放置してしまうと、それによって菌が発生してしまうと。

伊藤氏:
疲れて帰ってきても、その日のうちに洗濯しとかなきゃいけないってことですか?

鈴木氏:
必ずしもそうではないんですけども、やはり洗濯機の中に洗濯物を入れて置いてしまうと、(洗濯機内の)環境も悪いので増えてしまうということです。
風通しの良い洗濯カゴなどを使っていただければ、増えにくくなります。

伊藤氏:
洗濯物が溜まっていることわかってたのに出張に出かけて、3日後ぐらいに帰ってきて、「うっ」っていう時があるんですよ。これから洗濯しようと思った時に。
少量で回すのが何か電気もったいないかなって思っちゃって・・・。

恵俊彰:
なかなかできないですよね、すぐ洗うとか。

■一度増えたモラクセラ菌はなかなか死なない

TBS NEWS DIG Powered by JNN

天然素材の服と化学繊維の服、モラクセラ菌が増殖しやすいのは・・・化学繊維。
鈴木氏によりますと『化学繊維の衣類は皮脂汚れが残りやすいので菌が増殖しやすい』ということなんです。

八代氏:
キャップであったりTシャツであったり、化学繊維系はポリエステル入ってるものものは臭いが頑固なんです。(臭いが)取れたと思っても、もう1回被ってしばらく歩いたら現れてくるっていう。部屋干しだけではありません。このモラクセラ菌、天日干しをして紫外線に当てても死滅しないんです。さらに、乾燥させても死にません。
河村教授によりますと『一度増えてしまったらなかなか死なない』ということなんです。

伊藤氏:
外に干しても死なないんですか!

恵俊彰:
どうすればいいんですか、モラクセラ菌!これは衝撃です。

鈴木氏:
そうなんです。一度(臭いが)ついてしまうとなかなか落とせないっていうのが、モラクセラ菌の特徴です。外で干すと(日向で)40℃50℃になることもあるとは思うんですけれど、それでもなかなか死なない。

恵俊彰:
だから“増やさない”ことなんだね。絶対ゼロにはならないんだけどできるだけ増やさないようにする。

■あなたの“生乾き臭”対策は正しい?プロがジャッジ!

TBS NEWS DIG Powered by JNN

街の皆さんも洗濯物の部屋干しには様々な対策を行っているようです。
「良かれと思って・・・」果たしてあなたの部屋干し対策は有効なのでしょうか?
街の皆さんの声とともに見ていきます。

■【合ってる?生乾き臭対策】①洗濯物を溜めて、晴れの日まで待つ

「乾きが悪いので諦めて、雨の日は洗濯しない。ニオイも気になるので洗わない。まとめて晴れの日に(洗濯)。(50代女性)

洗濯ソムリエの鈴木氏によりますと、この対策は・・・NG
『汚れた衣類を放置しているとモラクセラ菌は大増殖する』のだといいます。

恵俊彰:
晴れの日まで待つよね。原因は雨の日のあの湿気中での部屋干しだと思い込んでるから。
もう雨だろうがなんだろうが、まめに洗濯するのが本当は一番いいということなんですよね。

鈴木氏:
そうですね、その通りです。

江藤愛アナウンサー:
洗濯機って、“あまり少量で使わないでください”って(注意が)あるじゃないですか。それで、(ある程度の量まで)溜めてしまう。

鈴木氏:
こまめに洗っていただくのが、理想ではあります。

とはいえ、少し溜まってしまうというタイミングがあるかもしれません。そういう時は、洗濯機に直接入れてカゴ代わりに使うのは良くありません。『通気性の良い物を洗濯カゴとして選んでください』ということです。

■【合ってる?生乾き臭対策】②漂白剤

塩素系漂白剤を必ず入れて干しています。毎回です。」(70代女性)鈴木氏によりますと、この対策は・・・△。
『生乾きの嫌な臭い対策にはなる。ただ、塩素系漂白剤は漂白力が強く、色物には注意が必要』

鈴木氏:

塩素系の漂白剤であれば、モラクセラ菌も減らすことができます。塩素系はすごく漂白力が強いので、使うときは気をつけていただきたい。塩素系ではなく、“酸素系漂白剤を追加する”というパターンもあります。こちらも衣類の洗濯表示に注意してください。

■【合ってる?生乾き臭対策】③捨てる

「バスタオルとかのニオイが取れなくて。(ニオイが)糸に染みついてると思って捨てちゃいました。」(40代女性)

あまりに臭いが取れず、廃棄というパターン。
鈴木氏によりますと・・・『捨てるのは待った!生乾き臭を取り除くことは可能』【ついてしまったニオイの撃退法】
▼70℃以上の湯に10分程度浸ける。
 もしくは40~60℃の湯に酸素系漂白剤を入れて1~2時間浸ける。


また鈴木氏によると『モラクセラ菌は高温に弱いので、アイロンやコインランドリーの乾燥機も非常に効果的』とのこと。

鈴木氏:
実際に僕たちも実験しているんですけれども、例えばコインランドリーですと60~80℃ぐらいの温風で乾燥させるので、それでしっかりと匂いも原因菌も撃退できるというのを確かめています。

恵俊彰:
先ほど、“一度増えたモラクセラ菌はなかなか死なない”ということでしたが、お湯とかでも大丈夫なんですか?

鈴木氏:
なかなか通常の洗濯では難しいんですけれども、70℃以上のお湯であったり高温のお湯を使っていただくことで落とせます。

八代氏:
僕はお湯で煮るぐらいやってみてもいいんじゃないかなと思って。70℃80℃に浸けておくだけでは生ぬるいかと。僕が持ってるものはですよ。

鈴木氏:
煮沸洗濯と呼ばれる方法だと思うんですけれども、効果的だと思います。

■素朴な疑問・・・『柔軟剤や除菌スプレーで対抗できるの?』

TBS NEWS DIG Powered by JNN

ジャーナリスト 鎌田靖氏:
私は生乾きのニオイが気になるので、好きな柔軟剤があって、分量とかも全然関係なくドボドボ入れて、別の良い匂いでカバーしているんですが。

鈴木氏:
あまりおすすめはしない
ですね。逆にモラクセラ菌が増えすぎてしまって、アレルギーの原因になる可能性があります。(モラクセラ菌を)しっかり落としていただいて、アレルギー対策をしていただきたいと思います。

伊藤氏:
応急処置として、いわゆる除菌消臭スプレーみたいなものをたくさんかけてしまったりとかするんですが。

鈴木氏:
抗菌の効果があるスプレーについては、効果はあるとは思う
んですけれども、それでもどうしても(モラクセラ菌は)残ってしまう。やはり生乾き臭の原因である菌と排泄物を取り除くことはできないと思います。

八代氏:
私、洗濯機の中に入れるときに除菌スプレーをやってから、入れるようにしてるんですけれども、そうすると少しでも洗濯機の中で増やさないでいられるんじゃないかなというこの作戦はどうでしょうか?

鈴木氏:
それであれば、元々ある菌を減らすこともできますし、抗菌効果のあるスプレーであれば、菌が増えるの抑えることもできるので、効果はあるとは思います。

■“生乾き臭”に有効な洗濯方法は?検証実験

TBS NEWS DIG Powered by JNN

では、生乾き臭を防ぐ“有効な洗濯方法”はあるのでしょうか?実験で検証しました。

【実験】
夏の雨の日を想定し、湿度70%・室温30度に保たれた部屋を用意。
Tシャツとタオルを4枚ずつ用意し、サウナで汗をかき汚れを付着させ、洗濯槽の中で一晩放置します。その後、

▼普通に洗濯
▼64℃のお湯に20分漬けた後、洗濯・脱水
▼洗濯・脱水後、スチームアイロンをかける
▼除菌効果のある漂白剤を使用して洗濯

4つのパターンのTシャツをほぼ同じタイミングで部屋干し。6時間後に臭気計でニオイを測ってみると・・・臭いが強いことを示す数値の高い順に、
①通常の洗濯  35(嫌なニオイ)
②熱湯     13(ほとんどニオイなし)
③漂白剤     9(ニオイなし)
④アイロン    5(ニオイなし)


何の対策もしなかったTシャツが一番“臭いが強い”数値を示し、一番“臭いがしない”のはアイロンという結果になりました。

恵俊彰:
これ見ると、(モラクセラ菌は)やはり熱に弱いというのが見てとれますね。漂白剤も結構効果があるんですね。そして、洗濯の際のワンポイントアドバイス。洗濯前、脱いだ服は「裏返す」のが正解とのこと。
鈴木氏によると『皮脂汚れが菌の大好物なので、皮膚と接している裏側をしっかり洗濯するのが効果的』
洋服同士がこすれて、より汚れが落ちるようになるということです。

弁護士 八代英輝:
「子ども達、裏返していてくれてありがとう」ですよ。あれは合理性があるんですね。

■鍵は5時間!プロが教える効率的な乾燥法

TBS NEWS DIG Powered by JNN

モラクセラ菌は高温多湿の中で5時間経過すると、爆発的に増殖するということで、
鈴木氏によりますと『洗濯から5時間が菌増殖のわかれ目。5時間以内を目安に乾燥させることが大事』なのだといいます。

5時間以内に乾かすポイントとなるのが、「温度」「湿度」「風」の3つ。
この3つをふまえて、効率的に乾燥させる方法を洗濯のプロ、鈴木氏に伝授してもらいました。

■効率的な乾燥法①タオルは干す前に「振りさばく」

TBS NEWS DIG Powered by JNN

鈴木氏:
干す前にひと手間。脱水したあとに縦や横に伸ばして「振りさばく」ことで、タオルのパイル(繊維)が立ちますので、より乾きやすくなります。

■②洋服を干す時は、こぶし1つ分開ける

TBS NEWS DIG Powered by JNN

室内干しは、洗濯物を干す間隔がどうしても狭くなりがちですが、やはりくっつきすぎはNG。最低こぶし1つ分、10センチはあけてほしいとのことです。

■③ピンチハンガー(角ハンガー)はアーチ型

TBS NEWS DIG Powered by JNN

鈴木氏:
四角いピンチハンガーに干すときは、外側に長いものを干して、真ん中(内側)には靴下など短いものを干していただく。そうすることで、(空気に)触れる表面積が大きくなりますので、より乾かしやすくなります。

恵俊彰:
僕は靴下関係はまず外側に一周全部干して、タオルとかを間に挟んで、どちらかといえば真ん中に長い物を干していました。

鈴木氏:
(アーチ型に干すことで)真ん中に風が通るので、より乾きやすくなります。タオルは大きいほど乾きづらいので、外側の方が良いです。

伊藤氏:
バランスを考えると、重たいものは内側に、靴下みたいな軽いものを外側にと思ってたんですけど逆で、外側に大きい物を干すと。

④なるべく部屋の中央で干す

TBS NEWS DIG Powered by JNN

部屋干しだと窓際に干しがちですが、窓際だと空気の通りが悪いので、部屋の中央で干す方が良いとのことです。そして同時に、

▼エアコンはONに ▼換気扇を回す ▼サーキュレーターで風を送る ▼窓を開ける(雨が入らないように気を付ける)

こうして換気をすることで、さらに効果的に乾燥させることができます。

恵俊彰:
雨の日に窓を開けると、湿気が部屋の中に入ってくるんじゃないかなって思ってしまうんですけど。

鈴木氏:
換気が重要
です。もちろん外で雨が降っているので湿度は高いんですけれども、それでも換気をする方が大事。

■そもそも、汚れた洗濯槽は“菌の温床”

TBS NEWS DIG Powered by JNN

洗濯機が汚れているのはもちろん良くありません。モラクセラ菌増殖の原因となります。
洗濯の残りカスや皮脂汚れなどに、雑菌やカビが繁殖し“菌の温床”に・・・。

▼月に1度は清掃する
▼洗濯後には蓋を開けて乾燥させる


など、菌の増殖を防ぐことが必要だといいます。

恵俊彰:
洗濯物はもちろん洗濯しなければいけないんだけど、洗濯機そのものもキレイにしないと。
今日本当に目からウロコというか、「雨だから洗濯しない、ちょっと晴れる日までやめとこう」というのは良くないっていうことなんですね。とにかく早く洗う方がいい。そしてニオイには“熱”が有効ということでした。

(ひるおび 2022年7月6日放送より)