噴火警戒レベル「1」据え置きが争点に 御嶽山噴火訴訟 長野地裁が遺族らの損害賠償請求棄却

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年7月13日 (水) 15:12

2014年の御嶽山の噴火災害をめぐり、犠牲者の遺族が国などを相手に損害賠償を求めた裁判で、長野地方裁判所は原告側の訴えを棄却しました。

この裁判は、御嶽山の噴火災害の犠牲者の遺族など32人が、国と長野県に総額3億7600万円の損害賠償を求めたものです。

裁判では、噴火前に一日50回以上の火山性地震を観測していたにも関わらず、噴火警戒レベルを「1」に据え置いた気象庁の判断の是非が最大の争点となりました。

気象庁側は、「火山性地震の回数は一つの目安でレベルの据え置きは総合的に判断した」と主張していて、長野地裁松本支部はこれを支持し、原告側の訴えを退けました。