米女子バスケットボール選手に懲役9年 ロシアの裁判所 米大統領「受け入れられない」釈放要求

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月5日 (金) 08:39
米女子バスケットボール選手に懲役9年 ロシアの裁判所 米大統領「受け入れられない」釈放要求

ロシアで拘束され、アメリカとロシアの“囚人交換”の対象とされている女子バスケットボール選手に対し、ロシアの裁判所は懲役9年の判決を言い渡しました。

アメリカの女子プロバスケットボールリーグのブリトニー・グライナー選手は今年2月、ロシアに入国する際、大麻オイルを所持していたとして大麻密輸などの罪に問われています。

モスクワ郊外の裁判所は4日、グライナー選手に対し、懲役9年と罰金100万ルーブル=210万円を越える支払いを命じました。弁護側は上訴する方針だということです。これに対し、アメリカのバイデン大統領は声明で「ロシアが不法に拘束している」と非難したうえで、「判決は受け入れられない。ロシアに対し、速やかに釈放するよう求める」と強調しました。

グライナー選手をめぐっては、ロシアで拘束されているもう1人のアメリカ人とともに、アメリカで収監中の旧ソ連の軍関係者との“囚人交換”をアメリカ側が提案し、協議が進められているものとみられます。