核兵器禁止を!岸田総理の演説への失望と被爆の記憶をニューヨークに伝える試み

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月5日 (金) 19:27
核兵器禁止を!岸田総理の演説への失望と被爆の記憶をニューヨークに伝える試み
8月6日は、アメリカによる広島への原爆投下から77年となります。

それを前に、日本時間の8月2日、岸田総理はニューヨークで行われたNPT=核拡散防止条約の再検討会議に出席。演説で「ヒロシマ・アクション・プラン」を発表し、核のない世界を目指すとしましたが、一方で、「核兵器禁止条約」には触れませんでした。

被爆者やその家族はこれをどう受け止めたのか、核のない世界に向けて、何ができるのか、取材しました。


■岸田総理のNPT演説への失望

まずは、岸田総理のNPTでの演説を、被爆された方、そのご家族はどう聞いたのか?被爆者団体「東友会」の代表で、ご自身も3歳の時に広島で被爆されたという、家島昌志さんに伺いました。

――まず、率直に、どう感じたか、教えて下さい。

東京の被爆者団体「東友会」代表理事 家島昌志さん:
本当の音頭を取ることから逃げてんのかなと、我々もそこは非常に残念ですよ。日本は確かにアメリカの核の傘に守られているということは事実としてあるけれども、被爆国日本が核兵器廃絶に対しては、日本独自の主張を繰り広げますよということは、誰も非難することはできないと思うし、国際社会も認めると思うんですよね。で、それを期待されてると思うんです。

――やはり核兵器の禁止に踏み込んで欲しかったですか?

東京の被爆者団体「東友会」代表理事 家島昌志さん:
私の父親は、25年も経ってから原爆症で亡くなってしまったっていうことと、私自身が72年も経って甲状腺がんになった。そんな危険なものはね、この世に存在があっちゃいけないです。広島出身の首相であって、核兵器廃絶にはより深い思いを抱いているということを公言する以上は、一歩踏み込んで欲しいと。世界に対して恥ずかしいですよ。

岸田総理はライフワークとして、核保有国と非保有国の「橋渡し役」をすると言っているにも関わらず、今回の演説では、それについての具体的な言及はありませんでした。
また、「核兵器禁止条約」、これはNPT(核「拡散」防止条約)よりも一歩踏み込んだ、「核を全面的に禁止しよう」という国際条約ですが、この禁止条約に触れなかったこと、今も日本が批准していないことにも、家島さんは憤っていました。

■被爆の記憶をニューヨークで展示する企画展 

家島さんは現在80歳。被爆者の高齢化が進む中、戦争の記憶をどう未来に伝えていくか、ということも課題になっていますが、今回、NPTの再検討会議が開かれたニューヨークで、ある企画展が開かれると話題になっています。主催者の東京大学大学院の渡邉英徳教授に伺いました。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
――ニューヨークでの企画展、どんな内容でしょうか?

東京大学大学院 渡邉英徳教授:
広島、長崎原爆の被爆者の方々の証言ですとか、当時の記録写真をまとめたデジタルアーカイブです。三次元のデジタル地球儀=グーグルアースの上に、被爆者の方々の証言を、まさに原爆投下のタイミングで、どこにいらしたのかをというのをお聞きして、その場所に顔写真とともに浮かべて展示します。誰がどこで被爆をしたのかということが、直感的にわかるようにしたものになりますね。

――実際の証言も聞けるのでしょうか?

東京大学大学院 渡邉英徳教授:
はい、この方のお話が聞きたいという風にボタン押してもらうと、お話になられている動画が大型ディスプレイの画面いっぱいに再生されて、その方のお話を聞くことができます。

――なぜこうした展示を企画したのでしょうか?

東京大学大学院 渡邉英徳教授:
多分アメリカ市民の方々で、8月6日や8月9日が何の日かって認識してらっしゃる方ってあんまりいらっしゃらないと思います。せっかくNPTと重なるタイミングですから、原爆投下について深く考えていただけるような、そういう展示にしようと思っています。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
「テクノロジーでつながる平和活動」展は、8月6日から2日間、東京大学ニューヨークオフィスで開かれます。

会場に入ると、屏風のように、自分を取り囲む大型ディスプレイいっぱいに、広島や長崎の地図が描かれていて、およそ300人の被爆者の証言が動画や写真でまとめられています。そしてズームすると、その時何があったか、一人一人の話を聞くことができます。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
こちらは日本でも、ウェブサイトやスマホのアプリで見ることができるので、「ヒロシマ・アーカイブ」、又は「ナガサキ・アーカイブ」と検索してみてください。
TBS NEWS DIG Powered by JNN

■ヒロシマ・ナガサキ・NY、そしてウクライナ

この企画展、現地では、申し込みが既に100名以上と、開催前から注目度は高いようですが、実は、新たな試みがもう一つ、用意されているようです。

――今回、もう1つ、企画があるそうですが?

東京大学大学院 渡邉英徳教授:
原爆被害のデジタルアーカイブと同時に、ウクライナの被害の様子を伝えるコンテンツも展示することをアピールしています。ウクライナ現地の方をはじめ、被害の様子を捉えた3Dデータがどんどんとネット上で発信されています。その作者の方に、やっぱり一人一人コンタクトして、データを提供していただいたものをまとめたマップです。

――どうしてこうした企画を?

東京大学大学院 渡邉英徳教授:
今ウクライナで、もしかしたら歴史上3度目の核兵器が使われてしまうかもしれないと。その危機感は、実は世界中の人が今共有しているわけですよね。なので、77年前の原爆の被害という過去に起きたことを今我々の目の前で起きていることを地続きに感じてもらう。そういうきっかけが作れると考えています。
TBS NEWS DIG Powered by JNN
ロシアによるウクライナ侵攻で被害を受けた町の様子を、3Dマップにして展示。実際に、爆撃されたビルを立体写真で見ると、被害の悲惨さが伝わってきます。

渡邉教授は、広島と長崎、そしてウクライナの現状を並べることで、核兵器のありようや、平和について議論して欲しいと話していました。

岸田総理は核兵器禁止条約には触れませんでしたが、一方で、こうした民間の取り組みがあります。ロシアが核の使用をちらつかせている今、改めて、広島や長崎で何が起きたのか世界は知ることで、核のない世界を考える必要がありそうです。

(TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」取材:田中ひとみ)