吉川赳衆院議員の辞職勧告決議案が廃案に 自公維の反対で

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月5日 (金) 22:54
吉川赳衆院議員の辞職勧告決議案が廃案に 自公維の反対で

18歳の女子学生と飲酒したと週刊誌に報道され、自民党を離党した吉川赳衆院議員の議員辞職勧告決議案が与党や日本維新の会の反対により、廃案となりました。

立憲民主党が吉川赳衆院議員について、「もはや有権者の信を失い、衆議院議員として活動ができる状態ではない」として、議員辞職勧告決議案を提出していましたが、自民党や公明党、日本維新の会は5日、「議員の身分は重い。辞めるかどうかは本人の判断」などを理由に決議案の採決に反対し、廃案となりました。

今年6月、通常国会でも立憲民主党は吉川氏の議員辞職勧告決議案を提出していましたが、自民党が採決に賛同せず、審議が行われませんでした。

一方、吉川氏は女子学生との飲酒疑惑について、これまで「今後の裁判との関連も含めてコメントは差し控える」としてきましたが、5日の本会議に出席した際も、記者団の質問に対し、「先日お答えしたとおり」と繰り返し、自身の言葉で説明を行うことはありませんでした。