イスラエル空爆に対してガザ側がロケット弾による報復攻撃開始

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月6日 (土) 07:24

イスラエルによるパレスチナ暫定自治区ガザへの空爆に対する報復として、ガザから多数のロケット弾が発射されました。

中東アルジャジーラテレビなどは5日夜、ガザからロケット弾が発射される模様を伝えました。イスラエル軍は迎撃システム「アイアンドーム」で対応する一方、さらなる空爆を行っています。

イスラエル軍は5日、「ガザ周辺のイスラエル住民への具体的な脅威を除去するため」として複数の空爆を実行、武装組織「イスラム聖戦」の幹部を殺害しました。

空爆ではこれまでに5歳の女の子を含む10人が死亡、44人がけがをしていて、「イスラム聖戦」は報復を宣言していました。イスラエル側も「作戦はまだ終わっていない」としていて、事態の一層のエスカレートが懸念されます。