夏の甲子園が開幕 17日間の熱戦がプレーボール!雨で30分遅れの開会式は主将のみの入場行進

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月6日 (土) 10:24
夏の甲子園が開幕 17日間の熱戦がプレーボール!雨で30分遅れの開会式は主将のみの入場行進
第104回全国高校野球選手権の開会式が6日、阪神甲子園球場(兵庫)で行われた。午前9時に始まる予定だったが雨の影響で約30分、開始が遅れた。当初、予定していた出場登録選手の入場行進は新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、43校の主将のみが参加。大会前のPCR検査で集団感染とされた浜田(島根)帝京五(愛媛)有田工(佐賀)九州学院(熊本)と複数選手が体調不良となった九州国際大付(福岡)、県岐阜商(岐阜)の6校が開会式を欠席した。

昨年優勝の智弁和歌山(和歌山)が優勝旗を返還し、選手宣誓は横浜・玉城陽希主将が力強く行った。冒頭で「宣誓、今年は野球伝来、150年の節目にあたります。記念すべき年に聖地、甲子園で野球ができる喜びに満ち溢れています。」と宣誓。最後は「一球一球全力を注ぎ、一投一打に思いをのせ、高校生らしく堂々と、はつらつと、高校野球のあらたな歴史に名を刻めるよう、最高の夏にすることを誓います」と締めくくった。試合は今日から17日間にわたり行われる。

【第1試合 10:30開始予定】1回戦 
日大三島(33年ぶり2回目・静岡)ー国学院栃木(37年ぶり2回目・栃木)    
【第2試合 13:00開始予定】1回戦 
明豊(2大会連続8回目・大分)ー樹徳(30年ぶり3回目・群馬)
【第3試合 15:30開始予定】1回戦 
京都国際(2年連続2回目・京都)ー一関学院(12年ぶり7回目・岩手)