「核兵器のリスクから免れるための唯一の手段は『廃絶』」長崎市長がNPT会議で核の廃絶訴え 米ニューヨーク

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月6日 (土) 12:27

アメリカ・ニューヨークの国連本部で開かれているNPT再検討会議では、被爆地・長崎の市長が核の廃絶を訴えました。

長崎市 田上富久 市長
「核兵器は絶対に使ってはならない。人類が核兵器のリスクから免れるための唯一の手段は「廃絶」しかない」

核軍縮への道筋などに向けて話し合うNPT=核拡散防止条約の再検討会議で5日、長崎の田上富久市長が演説しました。

記者
「国連のロビーでは、きょうから被爆の実相を伝える展示会が始まりました。数々の写真に加え、女子学生の焼け焦げた制服などが展示されています」

こうしたなか、国連では日本の被爆者団体が主催する「原爆展」が始まりました。主催者は「核廃絶の必要性に対する理解を深めるきっかけになれば」と話しています。