【醍醐虎汰朗】『足に乳酸が溜まって立てなくなった』壮絶な撮影を振り返る<映画・野球部に花束を>

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月13日 (土) 16:03
【醍醐虎汰朗】『足に乳酸が溜まって立てなくなった』壮絶な撮影を振り返る<映画・野球部に花束を>
映画「野球部に花束を」の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の醍醐虎汰朗さん、黒羽麻璃央さん、駒木根隆介さん、浅野杏奈さん、髙嶋政宏さんらが登壇しました。
本作は中学時代の野球部生活に別れを告げ、高校デビューを目指す主人公・黒田鉄平が、ひょんなことから中途半端な並の都立高校野球部に入部してしまい、コンプライアンス無視の監督や先輩に揉まれる青春エンターテインメントです。撮影中の大変だったことを聞かれた黒羽さんは、“先輩からの引退ノック。あそこは本当にギリギリでした”と告白。

映画「野球部に花束を」公開記念舞台挨拶
駒木根さんも“あそこは順番にノックをして、みんなが倒れて、立てなくなるまでやる。僕はセンター、後ろで見ていたんですけど”と、壮絶な撮影エピソードを明かしました。
一番若くて、体力に自信があった醍醐さんも“(ノックで)みんな倒れていたので『大げさじゃないの?』って思っていたけど、限界でした。足に乳酸が溜まって、立てなくなって。現役の高校球児がやるメニューで疲労度があった。でも、その後の3年生にお礼を言うところとかは、(ノックのおかげで)気持ちが入りやすくなった”と、追い込まれた撮影が功を奏したことを明かしてくれました。

醍醐虎汰朗さん
一方、醍醐さんが恋する女性を演じた浅野さんは“醍醐さんはめっちゃ良いニオイがしました。朝、現場に向かうロケバスの中で、醍醐さんが(ロケバスに)乗ってきた時、フワッと良いニオイがして、思わず振り返ってしまった”と、高校球児の汗臭いイメージとは正反対なエピソードを明かすと、醍醐さんは“体臭ですかね?”と照れ笑いを浮かべていました。

【担当:芸能情報ステーション】