大谷翔平 3試合ぶりの26号豪快ホームラン 滞空時間6.4秒の長いアーチ チームも延長11回劇的サヨナラ勝ち

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年8月14日 (日) 15:12
大谷翔平 3試合ぶりの26号豪快ホームラン 滞空時間6.4秒の長いアーチ チームも延長11回劇的サヨナラ勝ち
■メジャーリーグ ツインズ  3-5×  エンゼルス(日本時間14日 エンゼル・スタジアム )

エンゼルス・大谷翔平(28)が本拠地で行われたツインズ戦で3試合ぶりの26号ホームラン、チームも延長11回サヨナラ勝ちを収めた。

エンゼルス・大谷翔平が本拠地で行われたツインズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第3打席までノーヒット、チームも0対3と劣勢の8回、大谷の第4打席、相手はここまで被本塁打0のツインズのJ.デュラン(24)、カウント1-2と追い込まれながら甘く入ってきたカーブを強振、打球は高く上がりセンターの一番深いところへ、センターもフェンスにギリギリでジャンプ。一瞬、キャッチされたと思われたが大谷も2塁を回ったところで打球を確認し26号のホームラン。滞空時間が6.4秒と長く、飛距離は122メートル、3試合ぶりのアーチにチームにも勢いがついた。

1対3と2点を追う9回には2死一・二塁でM.シエラ(26)が同点のタイムリースリーベース、土壇場で試合を振り出しに戻した。

そして延長11回、4番T.ウォード(28)がサヨナラツーランホームラン、大谷のホームランからチームに勢いがつき劇的なサヨナラ勝ちを収めた。
大谷は4打数1安打1本塁打1打点1四球で打率.253となった。