食品値上げラッシュで年6.8万円負担増

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年9月23日 (金) 10:51
食品値上げラッシュで年6.8万円負担増

今年相次ぐ食品の値上げラッシュにより、家計負担は年間6万8700円あまり増えるとの試算が出ました。

帝国データバンクの試算によりますと、今年相次ぐ食品の値上げラッシュにより、家計負担は平均▽月5730円、▽年間6万8760円増加するということです。

品目別では、▽冷凍食品などの「加工食品」の月2560円増が最も高く、次いで▽「酒類・飲料」は1285円、▽「菓子」は814円、▽「調味料」は524円増えるということです。

一方、増加分が年間支出額に占める割合は、年収別でみると、▽高収入世帯では負担額は8万9150円で、消費支出額に対する負担割合は1.7%にとどまる一方、▽低収入世帯では負担額は5万1423円で、負担割合は2.3%に上りました。

帝国データバンクによりますと、負担感の実感は低収入世帯ほど相対的に強く、影響が大きくなる可能性があるということです。