北朝鮮が発射したのはICBMと断定 韓国軍合同参謀本部 高度約6100キロ、速度はマッハ22

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年11月18日 (金) 13:33

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮がきょう午前日本海に向け発射したミサイルがICBM=大陸間弾道ミサイルと断定したと発表しました。

ミサイルの飛行距離はおよそ1000キロ、高度は6100キロ、速度はマッハ22と探知されたということです。

合同参謀本部は「北朝鮮のICBM発射は国際社会の平和と安定を害する重大な挑発であり、深刻な脅威となる行為だ」などと非難しています。