いじめ対策強化へ 政府8府省連携の会議を設置

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年11月24日 (木) 22:30
いじめ対策強化へ 政府8府省連携の会議を設置

昨年度、いじめによって不登校や自殺などが起きたケースが700件を超えたことを受け、政府が8つの府省が連携する会議を設置し、必要な対策を速やかに実施していくことを確認しました。

「いじめ防止対策に関する関係府省連絡会議」には、来年4月に発足するこども家庭庁や文科省など8つの府省の担当者らが集まり、いじめ対策の強化に向けて連携の必要性を確認しました。

文科省の調査では、いじめが原因で起きた不登校や自殺などが昨年度は過去最多に並ぶ700件以上起きています。

ネットいじめなどその形態が多様化していることなども踏まえ、政府は今年度内に必要な対策の取りまとめを行う方針で、永岡文科大臣は「子どもの視点に立ったいじめ防止対策の効果的な実施を目指す」としています。