比嘉一貴、初の賞金王へ24位タイで最終日へ「一つでも順位を上げたい」星野は10位タイ、C.キム単独首位【カシオワールドOP】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年11月26日 (土) 18:06
比嘉一貴、初の賞金王へ24位タイで最終日へ「一つでも順位を上げたい」星野は10位タイ、C.キム単独首位【カシオワールドOP】

■カシオワールドOPゴルフトーナメント3日目(26日・Kochi黒潮カントリークラブ 7335ヤード パー72)

比嘉一貴(27・フリー)は初の賞金王に向け、3日目は5バーディー、ノーボギーでスコアを5つ伸ばし、トータル11アンダーの24位タイで最終日を迎える。賞金ランク2位の星野陸也(26・興和)も同じくこの日は5アンダーで回り、逆転賞金王へ優勝が絶対条件という中、トータル14アンダーでトップと8打差の10位タイに。

この日は雨交じりだが気温16.7℃、風速1.3m/sと穏やかな気候でのプレーとなった。今大会8位タイ(2人まで)以上に入るか、星野が優勝を逃した場合に賞金王が決まる比嘉は、前日に続いてスコアを伸ばすが、上位選手もバーディーを重ね順位はほとんど上がらず。8位タイとは4打差で、自身の順位によって賞金王が決まる可能性は残した。

3日目を終えた比嘉は「調子自体は悪くはなく、いいゴルフはできているかなと。(この日の)5アンダーは自分の中ではもう少しいけたかな」と振り返った。賞金王について聞かれると「そこまで強くは意識してませんが、決まるまでは気が緩むことはないですし、それよりもワールドランキングを上げたいということで、一つでも順位を上げたいなと思います。明日もまたベストを尽くしたい」と最終日に向けて意気込んだ。

主催のカシオと所属契約を結ぶホストプロの石川遼(31)は比嘉と同じくスコアを5つ伸ばし、トータル11アンダーで24位タイ。首位のC・キム(32)は終盤で3連続バーディーを奪うなど8つスコアを伸ばしトータル22アンダー。初日から単独トップをキープし今季初優勝へ前進した。

【3日目 結果】
1位 -22 C・キム(32・アメリカ)
2位 -21 岩﨑亜久竜(24・フリー) 
10位タイ -14 星野陸也(26・興和)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24位タイ -11 石川遼(31・CASIO)
     -11 比嘉一貴(27・フリー)

※写真は賞金ランキング1位 比嘉一貴選手

キューブ・ソフトからのお知らせ