田中希実、クイーンズ駅伝での激走から1週間で優勝 三浦龍司は4か月で4大会出場【陸上】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年12月4日 (日) 14:15
田中希実、クイーンズ駅伝での激走から1週間で優勝 三浦龍司は4か月で4大会出場【陸上】

■第47回熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会(4日 甲佐町役場前発着)

田中希実(23・豊田自動織機)、三浦龍司(20・順天堂大)が4日、熊本県で行われた「第47回熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会」に出場。女子5キロでは田中希実が15分53秒で優勝、一般男子10マイル(16.093キロ)に出場した三浦龍司は47分03秒で40位となった。

女子5キロに出場した田中希実。初出場を果たしたクイーンズ駅伝から1週間、3年ぶりの開催となった「熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会」に出場した。前半は抑え気味に入ると、折り返し地点で先頭に立った。後半2キロ付近からスピードをあげてクイーンズ駅伝の疲れも見せず15分53秒で優勝した。

一般男子10マイル(16.093キロ)には東京五輪男子3000m障害で日本人初の7位入賞をはたした三浦龍司が出場。11月6日に行われた全日本大学駅伝では2区(11.1キロ)を走り区間3位と好走した。ここまで9月のダイヤモンドリーグファイナルで男子3000m障害で4位、10月の出雲駅伝では2区(5.8キロ)で2位、11月の全日本駅伝で2区3位と様々な大会に出場している。2023年1月2日〜3日の箱根駅伝まで1か月を切りこの大会に出場。全日本大学駅伝2区よりも長い距離となった三浦、なかなかスピードに乗れず47分03秒の40位でゴールした。

国際男子10マイルではニューイヤー駅伝にも出場する九電工のB.コエチ(23)がスピードの乗った走りで一気に16.093キロを走り抜け44秒04の世界新記録をマークした。

【国際男子10マイル】
優勝 B.コエチ(23・九電工)44分04秒 世界新記録

【一般男子10マイル】
優勝 難波天(23・トーエネック)45分50秒

【一般女子5キロ】
優勝 田中希実(23・豊田自動織機)15分53秒

キューブ・ソフトからのお知らせ