【W杯決勝T】15大会ぶりの連覇へフランス快勝 エムバペ2得点 1966年以来悲願のVへ “サッカーの母国”イングランド圧勝

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年12月5日 (月) 06:15
【W杯決勝T】15大会ぶりの連覇へフランス快勝 エムバペ2得点 1966年以来悲願のVへ “サッカーの母国”イングランド圧勝
■FIFA ワールドカップ カタール大会 決勝トーナメント

サッカーW杯は5日(日本時間)に決勝トーナメント2試合が行われ前回優勝国のフランスとイングランドがベスト8へ進んだ。

【フランス(グループD1位)3ー1ポーランド(グループC2位)】(5日0:00~)

負ければ終わりの決勝トーナメント、前回大会優勝国のフランス代表はキリアン・エムバペ(23)中心に万全のスタメン。過去に連覇を果たしたのは1938年のイタリアと1962年のブラジルの2か国。15大会ぶりの連覇へ、フランスは前半からエムバペが左サイドをドリブルで切り込みチャンスを演出していった。前半12分にはオーレリアン・チュアメニ(22)のミドルシュートはポーランドのキーパー、ヴォイチェフ・シュチェスニー(32)が好セーブで防いだ。

前半29分、フランスはアントワーヌ・グリーズマン(31)がボールを奪い、右サイドのウスマンヌ・デンベレ(25)にスルーパス、ドリブルで切り込みキーパーを引き出すと最後は中央のオリビエ・ジルー(36)へ、しかしゴール左に外してしまいフランスは決定的なチャンスを逃した。すると前半38分、ポーランドは右サイドから攻めると中央のビオトル・ジエリンスキ(28)がミドルシュート、これをフランスのキーパー、ユーゴ・ロリス(35)が弾き、こぼれ球をポーランドが押し込むがフランスディフェンスは堅い守りでゴールを守った。

お互い決定機を外して迎えた前半44分、フランスはダヨ・ウパメカノ(24)がボールを持つエムバペが下がってボールを受け、マークを引きつけるとそのスペースに走りこんだジルーへスルーパス、これをゴール右隅に決めてフランスが先制点をあげた。ジルーは代表通算52得点目でティエリ・アンリを抜いてフランス代表歴代トップとなった。

後半29分にはフランスがカウンター、右サイドのデンベレから大きく展開し左サイドでフリーになったエムバペにパス、エムバペは落ち着いて受けると右足を振りぬきフランスが2点目を奪った。エムバペはこの大会4得点目をあげた。

後半45分、左サイドでボールを受けたエムバペがまたも右足を振り向きゴール右上にこの試合2得点、通算5ゴール目で得点王に大きく前進した。エムバペが2ゴール1アシストと全得点に絡む活躍でフランスが快勝しベスト8進出を決めた。

【イングランド(グループB1位)3ー0セネガル(グループA2位)】(5日 4:00~)

“サッカーの母国”と呼ばれるイングランド代表はグループリーグをトップタイの9得点で首位通過を果たした。イングランド史上最高の選手と呼ばれたB.チャールトンを擁した1966年の優勝以来、56年ぶりとなる悲願のワールドカップ制覇を目指す。前半からボールを支配したイングランドだったが守備を固めるセネガルをなかなか崩せなかった。

攻めあぐねるイングランドは前半31分、自陣でボールを奪われるとディフェンス陣のマークが外れ、セネガルのイスマイラ・サール(24)がドリブルで持ち込みスルーパス、ブライエ・ディア(26)が走りこんでシュートを放つがイングランドのキーパー、ジョーダン・ピックフォード(28)が左手で防ぎピンチを凌いだ。

前半38分、イングランドは中盤でハリー・ケイン(29)がボールを持つとジュード・ベリンガム(19)にスルーパス、左サイドにドリブルで切れ込み低いボールのセンタリング、これをジョーダン・ヘンダーソン(32)が合わせイングランドがセネガルのゴールをこじ開けた。19歳のアシストで32歳が得点、若手とベテランの融合でイングランドが先制点をあげた。

前半のアディショナルタイムには自陣ゴール前でベリンガムがボールを奪うと一気にドリブルで持ち上がり左サイドのフィル・フォデン(22)へ、ワンタッチで中央のケインに送ると右足で振り抜きイングランドが追加点。2018年ロシア大会の得点王がようやく今大会初得点をあげた。

後半に入ってもグループリーグ最多得点の攻撃陣が止まらない。11分にはケインが起点になり右サイドをフォデンがドリブルで駆け上がるとセンタリング、中央のブカヨ・サカ(21)がダイレクトで合わせ3点目。今度はフォデン(22)とサカ(21)の若き代表コンビが得点を奪った。圧倒的な攻撃力を見せたイングランドが圧勝、ベスト4進出をかけてフランスと激突する。


得点ランクトップは5得点のエムバペ

個人の得点ランキングトップはポーランド戦で2ゴールをあげた、キリアン・エムバペ(フランス)が5得点で単独トップに立った。

【得点ランキング】
■1位 5得点

キリアン・エムバペ(フランス)FW

■2位 3得点
エネル・バレンシア(エクアドル)FW
マーカス・ラッシュフォード(イングランド)FW    
アルバロ・モラタ(スペイン)FW
キリアン・エムバペ(フランス)FW
コディ・ガクポ(オランダ)FW
リオネル・メッシ(アルゼンチン)FW
オリビエ・ジルー(フランス)FW
ブカヨ・サカ(イングランド)FW

■9位 2得点 
ヴァンサン・アブバカル(カメルーン)FW
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(ウルグアイ)MF
サレム・アル・ドサリ(サウジアラビア)MF
堂安律(日本)MF
メフディ・タレミ(イラン)FW
アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)FW
ブレール・エンボロ(スイス)FW
アレクサンダル・ミトロビッチ(セルビア)FW
ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル)MF
リシャルリソン(ブラジル)FW
チョ・ギュソン(韓国)FW
モハメド・クドゥス(ガーナ)MF
カイ・ハベルツ(ドイツ)FW
フェラン・トーレス(スペイン)FW
二クラス・フュルクルク(ドイツ)FW
フリアン・アルバレス(アルゼンチン)FW
ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド)FW

■26位 1得点
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)FW
浅野拓磨(日本)FW
田中碧(日本)MF

※その他68名
※写真はフランス代表 エムバペ選手

キューブ・ソフトからのお知らせ