レッドソックスと契約合意の吉田正尚に米の番記者「彼は特別な貢献をすることができる」 5年総額約123億の大型契約

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年12月8日 (木) 11:50
レッドソックスと契約合意の吉田正尚に米の番記者「彼は特別な貢献をすることができる」 5年総額約123億の大型契約

プロ野球・オリックスの吉田正尚(29)が8日(日本時間)、ポスティングシステムでメジャーリーグのボストン・レッドソックスと契約合意した。
5年総額9000万ドル、日本円で約123億とされる大型契約で、米メディアによるとオリックスへの譲渡金は1540万ドル(約21億円)となる見込み。この日、45日間の交渉期間が始まったばかりで、超スピード決着となった。

ボストン・グローブ紙の番記者、アレックス・スピアー記者は「吉田はレッドソックスが必要とするものの多くに適合している。彼は塁に出るのが得意だ。レッドソックスは昨年、リードオフスポットの出塁がひどかった。そして、吉田の能力は、出塁し、広角に打ち分け、パワーもある。特にフェンウェイパークでは左翼方向にボールを打つことができる打者が必要」と話し「彼は特別な貢献をすることができる」と語った。

吉田は2015年のドラフト1位でオリックスに入団。2020年から2年連続で首位打者を獲得、2021年の東京五輪では日本の金メダルに貢献した。
今季は119試合に出場し打率.335、21本塁打、88打点。出塁率.447はパ・リーグトップだった。

■吉田正尚
1993年7月15日生まれ、福井県出身。173cm・85kg 右投/左打 外野手
敦賀気比高校~青山学院。2015年のドラフト1位でオリックスに入団。20年、21年に2年連続首位打者。18~21年ベストナイン、22年ベストDH。

キューブ・ソフトからのお知らせ