次期戦闘機の英伊との共同開発に松野官房長官「平和と安定、繁栄の礎となる」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年12月9日 (金) 18:41
次期戦闘機の英伊との共同開発に松野官房長官「平和と安定、繁栄の礎となる」

航空自衛隊の次期戦闘機をイギリス・イタリアと共同で開発することについて、松野官房長官は「一層厳しさを増す安全保障環境の中で、平和と安定、繁栄の礎となるもの」と期待を述べました。

松野官房長官
「今般の決定が今後の英国、イタリアとの安全保障協力の基盤となることを強く期待します」

政府はきょう、航空自衛隊のF-2戦闘機の後継機について、日本・イギリス・イタリアの3か国で初めての共同開発を行うと発表しました。

松野官房長官は、「米国の同盟国である日英伊の協力は、一層厳しさを増す安全保障環境の中で平和と安定、繁栄の礎となるものだ」としたうえで、「日本の防衛産業をはじめとする経済全般の革新を促すことを期待する」とも述べました。

また、この次期戦闘機の第三国への輸出を可能にする『防衛装備移転三原則』の運用指針の改定については、「新たな国家安全保障戦略等の策定に向けた議論の中で、関係省庁において検討していく」と述べました。

キューブ・ソフトからのお知らせ