「1000万円取りにいきます!」10日開幕SBCドリームテニス・ファイナルラウンド注目選手がトークイベントに登場

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2022年12月9日 (金) 20:03
「1000万円取りにいきます!」10日開幕SBCドリームテニス・ファイナルラウンド注目選手がトークイベントに登場

10日に開幕するテニスの国内賞金大会“SBCドリームテニスツアー”ファイナルラウンドを前に、9日、出場選手によるトークイベントが会場の東京・有明テニスの森公園で行われた。

【写真を見る】「1000万円取りにいきます!」10日開幕SBCドリームテニス・ファイナルラウンド注目選手がトークイベントに登場

イベントには江原弘泰(31)、内山靖崇(30)、今西美晴(30)、大前綾希子(29)が参加。1stと2ndの両ラウンドで準優勝の江原は、優勝賞金1000万円について「取りに行きます」と堂々の優勝宣言。デビスカップ元日本代表の内山は日本勢最高の世界ランク36位の西岡良仁(27)に対し「彼を倒さないと優勝はない。練習仲間でもあり手のうちは知り尽くしている。面白くなる」と闘志を燃やしている。

女子ではこの大会で現役を引退する今西美晴(30)が「1試合1試合悔いなく全力で頑張りたい」とコメント。今西とのペアで全日本選手権のダブルスを制した大前綾希子(29)は「ファンに感動を与えられるプレーを」と意気込みを語った。

またイベントには参加しなかったが西岡は「倒しに来てほしい。(日本人最上位の)自分が負けるわけにいかない」「世界では若手が育ってきているが日本ではまだまだ。どんな相手にも絶対に勝つというメンタリティが大事」と第一人者のプライドを見せた。面白かったと言ってもらえるような試合をしたいとも語り、充実のシーズンを有明で締めくくる覚悟だ。

“日本のテニス選手たちにチャンスと夢を提供したい“という思いから、今年新しく創設された今大会。“テニス界をもっと盛り上げたい”多くの関係者たちの熱い思いも背負って、男女32名のトップ選手たちによる真冬のファイナルバトルがいよいよ火蓋を切る。(写真は左から内山選手、江原選手、今西選手、大前選手)

予選リーグの組み合わせ

<男子シングルス>
グループA
西岡良仁(27・ミキハウス)
高見澤岳飛(24・フリー)
杉田祐一(34・三菱電機)
羽澤慎治(23・JCRファーマ)

グループB
綿貫陽介(24・フリー)
楠原悠介(25・伊予銀行)
高橋悠介(24・三菱電機)
片山翔(33・伊予銀行)

グループC
清水悠太(23・三菱電機)
川橋勇太(24・マイシン)
江原弘泰(31・エキスパートパワーシズオカ)
越智真(26・江崎グリコ)

グループD
内山靖崇(30・積水化学工業)
齋藤惠佑(19・富士住建)
住澤大輔(23・フリー)
白石光(22・早稲田大学)

<女子シングルス>
グループA
荒川晴菜(23・アオヤマスポーツ)
川岸七菜(22・フリー)
大前綾希子(29・島津製作所)
今西美晴(30・EMシステムズ)

グループB
小堀桃子(24・橋本総業ホールディングス)
山口芽生(23・フリー)
牛島里咲(26・マサスポーツシステム)
鮎川真奈(28・エームサービス)

グループC
瀬間詠里花(34・橋本総業ホールディングス)
倉持美穂(24・マサスポーツシステム)
清水綾乃(24・Club MASA)
伊藤あおい(18・サリュートテニス専門学院)

グループD
桑田寛子(31・島津製作所)
小林ほの香(22・ 橋本総業ホールディングス)
光崎楓奈(21・h2エリートテニスアカデミー)
相川真侑花(24・テニスユナイテッド)

キューブ・ソフトからのお知らせ