ウクライナ政府高官らが汚職疑惑で次々解任 「賄賂5000万円」も

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年1月25日 (水) 06:40
ウクライナ政府高官らが汚職疑惑で次々解任 「賄賂5000万円」も

ロシアによる侵攻が長引くウクライナで、収賄などの汚職疑惑で政府高官らが次々と解任されました。

ウクライナの汚職防止当局は23日、収賄の疑いでインフラ部門などを担当していたロジンスキー次官の身柄を拘束したと発表しました。

政府の発電機購入額を水増しするなどし、賄賂として日本円でおよそ5000万円を受け取っていたということです。

また、ゼレンスキー大統領は、人道支援用の自動車を私的に流用したと批判されていたティモシェンコ大統領府副長官を解任。さらに検察は、成人男性の国外への渡航が原則として禁じられている中、新年の休暇をスペインで過ごしていたと報じられた副検事総長を解任したほか、軍の食糧調達をめぐる汚職報道に関連し、国防省の次官も解任されました。

高官の相次ぐ引責は、政権に打撃となる可能性もありますが、ゼレンスキー氏は「正義の原則に反する者への警告にしたい」と政権内部の引き締めを進める姿勢です。

キューブ・ソフトからのお知らせ