広域連続強盗事件の指示役は『ルフィ』か “フィリピン”から通信アプリで連絡との情報も

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年1月25日 (水) 12:15

関東地方を中心に相次いでいる強盗事件で、「ルフィ」と名乗る人物が通信アプリで実行犯に指示を出していたケースが複数あったことが新たに分かりました。

【写真を見る】広域連続強盗事件の指示役は『ルフィ』か “フィリピン”から通信アプリで連絡との情報も

全国では、今月19日に東京・狛江市の住宅で大塩衣与さん(90)が殺害された強盗殺人事件など、去年10月以降、複数犯による強盗や窃盗事件が相次いでいて、警視庁などは同一グループによる犯行とみて捜査しています。

その後の捜査関係者への取材で、警視庁がこれまでに逮捕した実行犯のスマートフォンなどを解析したところ、複数の事件で通信アプリ「テレグラム」の「ルフィ」というアカウント名から犯行の手順などの指示が出ていたことが新たにわかりました。

捜査関係者によりますと、過去にも「ルフィ」を名乗る人物が指示したとみられる事件が複数あり、「ルフィ」はフィリピンなど海外にいるとの情報もあったということです。

警視庁は「ルフィ」のアカウント名を使用している人物の特定を進め、犯行グループの行方を追っています。

キューブ・ソフトからのお知らせ