史上最速十両昇進!“令和の怪物”幕下付け出し落合「すごく光栄」師匠・宮城野親方「感謝」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年1月25日 (水) 12:21
史上最速十両昇進!“令和の怪物”幕下付け出し落合「すごく光栄」師匠・宮城野親方「感謝」

大相撲・初場所(8日~22日)で全勝優勝した幕下15枚目格付け出しの落合(19・宮城野部屋)が25日に所要1場所、史上最速で十両昇進を決め、会見に臨んだ。スピード昇進に落合は「すごく光栄です。自分自身も1場所で上がれるって思ってなかった」と心境を語った。

【写真を見る】史上最速十両昇進!“令和の怪物”幕下付け出し落合「すごく光栄」師匠・宮城野親方「感謝」

所要1場所での新十両昇進は、現行の制度となった2001年1月以降では初の快挙。“平成の怪物”と呼ばれた武双山は2場所連続の全勝優勝で十両に昇進し、優勝3回の元大関・御嶽海は学生横綱から入門し2場所で関取へ駆け上がった。

会見で落合は「すごく光栄です。あまり、実感がなかったんですけど関取に上がれてうれしい気持ちです。上がらなかったという前例があったので自分の気持ちは来場所にむけて頑張ろうという気持ちでした」と話し、「夢は幕内にあがり横綱になって、師匠を泣かしたい」と語った。

同席した師匠の元横綱・白鵬の宮城野親方(37)は初の関取誕生に「すごくうれしい。勉強熱心でこういった弟子が増えればいいと思う。落合には感謝している」と28日に行われる自身の断髪式を前に嬉しい知らせが届いた。

鳥取県・倉吉市出身の落合は、高校時代の20年、21年に2年連続で高校横綱のタイトルを獲得。卒業後の昨年9月には全日本実業団選手権を制して実業団横綱となり、輝かしい実績を残して付け出し資格を取得した。その後、小学生の頃から憧れていた平成の大横綱・白鵬(宮城野親方)が指導する宮城野部屋に入門。宮城野親方も「鳥取県から2人目の横綱を作りたい」と期待を寄せていた。

キューブ・ソフトからのお知らせ