ソフトバンクGが370億円申告漏れ M&A取引関連費用を過大計上 東京国税局

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年1月25日 (水) 12:39

ソフトバンクグループが、東京国税局から370億円の申告漏れを指摘されていたことがわかりました。

【動画】ソフトバンクGが370億円申告漏れ M&A取引関連費用を過大計上 東京国税局

関係者によりますと、2020年に発表した傘下のアメリカの携帯会社と別のアメリカの携帯会社の合併に伴う費用などを過大に計上していたということです。

調査の対象期間は赤字で、追徴課税は発生しなかったとみられ、ソフトバンクグループは「経費計上のタイミングなどの見解の相違によるもの」としています。

キューブ・ソフトからのお知らせ