レイカーズ移籍の八村塁「アグレッシブにやっていく」新天地で気持ち新たに 背番号は「28」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年1月25日 (水) 13:03
レイカーズ移籍の八村塁「アグレッシブにやっていく」新天地で気持ち新たに 背番号は「28」

アメリカプロバスケットボール(NBA)、ロサンゼルス・レイカーズへの移籍が決定した八村塁(24)が日本時間25日に会見を行った。ワシントン・ウィザーズで4シーズン目を迎えた八村、名門チームへの移籍に「自分では変な感じというか、夢の中にいるような感じで僕もレイカーズの一員なんだなあって思って来ました」と気持ちを新たにした。背番号も「28」に決まった。

【写真を見る】レイカーズ移籍の八村塁「アグレッシブにやっていく」新天地で気持ち新たに 背番号は「28」

2019年に日本人初となるドラフト1巡目指名を受けた八村。4シーズン目の今季は先発出場は無いが、直近の試合で自身最多タイとなる30得点でチームを勝利に導いた。試合後のインタビューで「僕はバスケットボール選手として望まれる場所にいたいです。僕のゲームを好んでもらえるところにいたいんです」と話していた。

この日、会見に出席した八村は「僕はオフェンスの部分で色々なことが出来るので、スリーポイントもそうですし、ミドルレンジもそうですし、ゴールにアタックも出来ますし、リバウンドを取ってそのまま速攻に持っていけるということでアグレッシブにやっていきたいなと思います」と活躍を誓った。

この日は練習にも参加、レイカーズの紫のショートパンツにTシャツ姿で現れ、早速、ジャンプシュートや3Pシュートなどを入念にチェック。早くも新チームに溶け込んでいた。

新天地のレイカーズは“バスケ界のキング”と呼ばれるレブロン・ジェームズが所属している。NBA最多タイの17度のファイナル優勝を誇る名門チームだが、今季は22勝25敗と負け越し、西カンファレンス12位に低迷している。

■八村塁(はちむら・るい)
1998年2月8日生まれ、24歳。身長2m03cm/体重104.3 kg。富山県富山市出身。宮城・明成高等学校/米・ゴンザガ大学/ワシントン・ウィザーズ。
19年NBAドラフトでウィザーズから日本人選手初となる1巡目(全体9位)指名。2021年の東京五輪に日本のエースとして出場、日本選手団の旗手を務めた。

キューブ・ソフトからのお知らせ