【最強寒波】北海道・石狩市で暴風雪警報 海に面した道の駅「今日は寄る人自体が少ない」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年1月25日 (水) 17:15
【最強寒波】北海道・石狩市で暴風雪警報 海に面した道の駅「今日は寄る人自体が少ない」

札幌から北におよそ50キロ、日本海に面している街・北海道・石狩市の道の駅の前から報告です。

【写真を見る】【最強寒波】北海道・石狩市で暴風雪警報 海に面した道の駅「今日は寄る人自体が少ない」

1時間ほど前からこちらに来ているんですが、この強い風というのがずっと続いている状況でして、時折吹く突風で少し体があおられてしまいそうになるくらいです。

車でここまで来たんですが、本来かかる時間よりも30分以上かかってしまいました。というのも、道中も所々ホワイトアウトの状況で、私たちの車と対向車も車のスピードおよそ10キロ、15キロほどでの走行を余儀なくされまして、ハザードランプをたきながらの走行となりました。

現在、およそマイナス10度ということで気温も低いんですが、この風の影響でさらに体感は低く感じられます。顔に当たる風が非常に冷たく、痛さを感じるレベルです。

このあと北海道の沿岸を中心に引き続き猛吹雪、暴風による吹き溜まりに警戒が必要です。

ホラン千秋キャスター:
海も大変荒れていますね?

そうですね。かなり白波が立っていまして、荒れた状況が続いています。

井上貴博キャスター:
これだけの状況でライフラインや電気は、現状は大丈夫なんでしょうか?

ライフラインに関しての情報はまだ入っていないんですが、かなり車どおりも少なくなっており、きのうも取材に来たのですが、きのうよりも車の通行量が非常に少ないです。

そして道の駅の方にお話を聞いても、きょうは道の駅に寄る人の数自体もかなり少ないという話でした。

キューブ・ソフトからのお知らせ