新型コロナ 全都道府県で感染者の減少傾向続く 厚生労働省専門家会合

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年1月25日 (水) 21:11
新型コロナ 全都道府県で感染者の減少傾向続く 厚生労働省専門家会合

コロナ対策を政府に助言する専門家組織の会合が開かれ、すべての都道府県で感染者の数が減少していて、「全国的に減少傾向が続くと見込まれる」とする見解をまとめました。

【写真を見る】新型コロナ 全都道府県で感染者の減少傾向続く 厚生労働省専門家会合

厚労省アドバイザリーボード 脇田隆字座長
「新規感染者数、全国的に減少傾向を継続しております。今後の感染状況についてですが、短期的な予測では全国的に減少傾向が続くと見込まれております」

専門家会合後の記者会見で脇田座長はこのように話し、全国の直近1週間の感染者の数は前の週と比べて0.59倍となり、すべての都道府県で減少傾向が続いているとの見解を示しました。

また、会合では出席した専門家からコロナの流行が長引く中で、どのような対策を続けるべきなのか、「見直す時期にきている」と指摘する見解が示されました。

そのうえで今後、コロナの分類を「5類」などに見直した場合には、政府や専門家が一方的に対策を決めるのでは無く、「市民が納得できる対策を選択することを目指すべき」だとしています。

キューブ・ソフトからのお知らせ