ダルビッシュ「凄くいいスプリットが投げられた」WBC開幕まで1週間「体のケアを見直し、食事面は妥協しない」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023年3月2日 (木) 20:36
ダルビッシュ「凄くいいスプリットが投げられた」WBC開幕まで1週間「体のケアを見直し、食事面は妥協しない」

9日に開幕するWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に向け、中日との強化試合(3日、4日)に臨む侍ジャパンが2日、バンテリンドームで練習を行った。

【写真を見る】ダルビッシュ「凄くいいスプリットが投げられた」WBC開幕まで1週間「体のケアを見直し、食事面は妥協しない」

ダルビッシュ有(36)は中日との合同練習で打者12人に投げ、ヒット性の当たりは3本、奪三振1、四死球2。練習後「スプリングトレーニングなのでそこに関して僕は(調子を)100%では持ってこれないのでどう考えても。現時点ではこんなもんじゃないかなと思ってます」と振り返った。

1人目の打者、岡林勇希(21)にデッドボールを当てたシーンについては「自分もかなり、凄く対戦を楽しみにしていた選手なので、中日さんの今後の状況を考えると凄くちょっと動揺してしまって、そこから右(打者)にもインコースにいけなかったりとかありました」と投球の組み立てが出来なかった事を明かした。

それでも最後の打者を三振に打ち取ったボールには「スプリットだったんですけど、このオフ練習していて右(打者)の内側に入っていくようなスプリットを投げたかったんですけど、凄くいいスプリットが投げられたのでそこに関しては良かったですね」と収穫も口にした。

WBC開幕まであと7日に迫ったが「ちょっとでもコンディションをあげられるようにトレーニングだったりだとか(体の)ケアであったりとかしっかり見直して、食事もそうですけどそういう所を妥協しないようにというか気を抜かないようにしていきたいなと思います」と気持ちを新たにした。

指揮官の栗山英樹監督(61)もダルビッシュのピッチングに関して「(デッドボールを当てて)最初の回に関しては凄く本人も(気にしている)っていう感じに見えていたので、優しさを持つダルビッシュ投手らしいところではあるので。だた、そのあとの投げ方を見ていて本当にプラスになる。まあ前に進んでくれる感じはすごくある」と侍ジャパン最年長、チームの中心選手に信頼を寄せていた。

【侍ジャパンの日程】
3月3日、4日
強化試合 vs中日(バンテリンドーム)

3月6日、7日
強化試合 vs阪神、オリックス(京セラドーム大阪)

■WBC
◆カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 東京プール
(1次ラウンドプールB)

3月9日 日本vs中国
3月10日 日本vs韓国
3月11日 日本vsチェコ共和国
3月12日 日本vsオーストラリア
※全て東京ドーム 

◆準々決勝
3月16日(東京ドーム) 
※プールA、Bの上位2チームが進出

◆準決勝
3月20日 or 21日(マイアミ ローンデポ・パーク)

◆決勝
3月22日(マイアミ ローンデポ・パーク)

キューブ・ソフトからのお知らせ