「飛行石か…?」「なんと輝かしいお姿」夜道にふわふわの『輝く玉』が出現!?ポメラニアンの姿に驚きと大絶賛の声続々

X(旧Twitter)で話題になっているのは、夜道に出現する『輝く玉』!?可愛すぎる光景は多くの人々に笑顔を与えています。

X(旧Twitter)に投稿されたのは、夜道に出現するという『輝く玉』…!?ふわふわでピカピカのお姿は記事執筆時点で212万件を超えて表示されており、4.7万件のいいね!が寄せられています。

ふわふわの『輝く玉』が出現!?

Xアカウント『なごみポメラニアン』に投稿されたのは、ポメラニアンの「なごみ」さんのお散歩姿を撮影された2枚のお写真。ふわっふわなのに、ピッカピカ…!?あまりにも可愛らしいお姿には多くのユーモア溢れるコメントが寄せられることとなりました。

ご自慢の短いおみ足をブイブイいわせている頬袋系のニコニコ毛玉こと、なごみさん。やる気に満ちあふれているなごみさんのお散歩姿は、某アニメーションに登場する「飛行石」 を連想させるほどピッカピカ…!

なごみさん

ポメラニアンの「なごみ」さん

なごみさんは、夜道をより安全にお散歩するためふわふわのお胸にピカピカを装着されているのだそう。遠目に見ると、チャームポイントのひとつでもあるまあるいフォルムも相まって、ピカピカの輝く玉が歩いているかのように…!

ピッカピカ

ピッカピカの輝く玉!?

遠目に見るとカメラの性能も相まって『輝く玉』のようにかなり発光して見えてしまうものの、実はそのふわふわのお胸の毛にピカピカが埋もれているため、なごみさんの目に負担が掛かるのでは…というご心配は無用。ただ、すれ違う猫さんたちにはいつも以上に避けられてしまうこともあり、しょんぼりする夜もあるのだとか。

ご心配

心配ご無用!

ピカピカ

ピカピカはカラーチェンジも!

表情豊かな姿にほっこりの連続

現在では立派なレディに成長されたなごみさんですが、まだまだお気に入りのおしゃぶりはやめられない模様。無邪気に無防備にヘソ天で眠るお姿も子犬の頃から変わっていないようですね。

おしゃぶり

おしゃぶりがお気に入り!

無防備

無防備なヘソ天

意外にも食いしん坊な一面もあり、ご飯をお利口さんに食べ終わった後、『ご飯どこ行ったの?無くなっちゃったんだけど?』と、とぼけて見せることも(笑)。犬吸いをされる時は虚無ラニアンになるなどとにかく表情が豊か!

ご飯は

ご飯がなくなっちゃってるよ…?

虚無

虚無ラニアン…?

トリミング後は凱旋パレード!?

トリミングから帰れば得意げな表情を浮かべてくれるため、飼い主さんは凱旋パレードとパーティーを行うようにしているのだとか(笑)。飼い主さんとのユーモアと愛に溢れるその日常は日々多くの人々に笑顔と癒やしを与え続けています。

整う

トリミング後の笑顔!

整う

「ととのう」なごみさん

この投稿には「飛行石…?」「ギャリック砲か?」「輝くポメ最高に可愛いやん」「ふわふわ…可愛い」などのコメントが寄せられています。

なごみさんとご家族の日常はXの他の投稿からチェックすることができます!

なごみさん、飼い主さん、この度はご協力誠にありがとうございました!

写真・動画提供:Xアカウント「なごみポメラニアン」さま
執筆:ayano
編集:わんちゃんホンポ編集部
※本記事は投稿者さまの許可を得て掲載しております。

関連記事

犬はどうやって飼い主を認識しているの?ニオイだけではありません。
犬を飼う前に考えてほしい「飼い主に必要な12の条件」
「犬が死んでしまう夢」の意味や心理状態とは
意外と知らない!『犬の置物』を玄関に置くのは絶対NGなんです
犬が飼い主の足の間で寝ている時の4つの心理

  1. ブラザー・コーンさん「中居正広からお見舞いが届きました」中居さんからの手紙「ガン晴りましょう」も披露 1日には抗がん剤の副作用での疲れを告白
  2. 【ロッテ】9回2死満塁、小川が11球粘って同点押し出し 中盤に勝ち越し許すも土壇場で引き分けに
  3. AMDアワード2023年 大賞に日曜劇場「VIVANT」
  4. 「独立反対、祖国統一」全人代で李強首相強調 経済面での取り込み図る方針維持か 「平和的統一」文言消え警戒する声も
  5. 同性パートナー遺族給付金訴訟 最高裁弁論「パートナー失う損害は異性同士カップルと差はない」原告側訴え
  6. ディズニーランドでシンデレラ城を撮ろうとすると・・・とあるものが高確率でフレームインしてくる(笑)
  7. 『首、どこいった?』黒猫の体の一部がわからなくなってしまった姿に「収納式…?」2.2万いいねを集める
  8. パピーの訪問に盛り上がるわんこ姉妹と控えめな弟わんこ「立ったまま寝ちゃった!」「優しい対応にほっこり♡」
  9. アルゼンチン国営通信の業務停止、大統領が左派の「プロパガンダ機関」と非難 閉鎖を宣言
  10. 政治倫理審査会へ“出席意向”の安倍派・下村元文科大臣に自民党内から警戒感高まる 「何を喋るか…」
  1. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  2. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁
  3. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  4. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  5. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  6. “フランスのスパイダーマン”がフィリピンの高層ビルに出現 登頂に成功も警察に拘束
  7. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  8. 習近平国家主席の肝いり“理想都市”とは? 「雄安新区」に6年で10兆円以上投資 「深セン」との大きな違いは“自由参入”が認められていないこと
  9. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  10. スーパーチューズデー直前にトランプ氏が“大きな勝利” 連邦最高裁が大統領選への出馬資格認める
  11. Uber Eatsがあすから国内初の自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定
  12. 森永卓郎さんの「フェイク音声」も… 株価4万円超や新NISA、高まる“投資熱”の裏で手口が巧妙化 有名人をかたる投資詐欺【news23】