愛猫の「被毛ケア」、サボるとどうなる?考えられる健康への影響4選

猫は毛づくろいをよくしていますが、飼い主さんによる「被毛ケア」も必要です。ブラッシングやシャンプーなどの被毛ケアをしないと、猫の健康にどのような影響が出るのかについてご紹介します。

1.毛が絡まり固まる

バリカンと白い毛

ブラッシングによるケアを行わないと、被毛がもつれたり、抜けて落ちるはずの被毛が生えている被毛に絡まったりして毛玉になってしまいます。

猫は自分で毛づくろいをしますが、それだけではケアが間に合わない猫もいるのです。毛玉があると皮膚が引っ張られて痛い場合もあります。

小さな毛玉ならブラッシングで取り除くことができますが、毛玉が大きくなり全身にできてしまうと、猫専門のサロンに依頼したり動物病院で全身麻酔をしてから刈り取らなければならなくなってしまいます。

日頃からブラッシングをすることで被毛のもつれをとったり、抜け毛を取り除いたりして毛玉になるのを防ぐことができます。皮脂が多い猫は皮脂汚れで被毛が絡まりやすくなるのでシャンプーも必要です。

2.皮膚炎

頭をブラッシングされる猫

被毛のもつれや毛玉ができると、通気性が悪くなります。それによって皮膚に炎症が起きたり細菌感染をおこしたりすることがあるのです。

愛猫の皮膚に異常が見られたら、早めに動物病院を受診しましょう。

3.毛球症

診察される茶トラ猫

猫は『起きている時間の多くを毛づくろいに費やしている』と言われています。

さらに猫は、毛づくろいをすると抜け毛を飲み込んでしまうため、お腹に抜け毛がたまると、それが原因で体調が悪くなってしまうことがあります。

飲み込んだ抜け毛がうんちと一緒に体の外に出ればいいのですが、胃の中で人の親指くらいの塊になってくると、食欲不振や嘔吐などの症状が見られたり、毛玉を吐き出したりします。

また、胃の中の毛玉が腸に流れて詰まってしまうと、腸閉塞になるおそれも。腸閉塞を起こすと、猫は何度も吐いたり下痢をしたりするようになり、手術で毛玉を取り除くことが必要な場合もあります。

このような状態を防ぐためには、猫の抜け毛をブラッシングで取り除き、毛づくろいで飲み込む抜け毛を減らしてあげることが大切です。

4.熱中症

寝そべる長毛猫

猫は肉球でしか汗をかくことができず、体温調節が苦手です。そのため、ブラッシングなどの被毛ケアが足りないと、被毛の通気性が悪くなり体の熱がこもりやすくなってしまうのです。

その結果、長毛で毛の量が多い猫は、熱中症の危険が高くなります。

体が熱い、口呼吸をしている、フラフラしているなど、愛猫の熱中症が疑われる場合は、できるだけ早く動物病院に連絡をしましょう。

まとめ

ブラッシングされて目を閉じる猫

猫の被毛のケアを怠ると、体の表面で被毛が固まってしまったり、お腹の中に被毛の塊ができたりして、場合によっては命が危険な状態になることもあります。

愛猫が快適かつ健康的に暮らせるように、日頃から愛猫の「被毛ケア」は欠かさないように心掛けましょう。

関連記事

猫から『好かれる人』のタイプ5つ
猫が撫でてほしい時にする6つの仕草
猫が「んー」と鳴く理由と気持ち
猫が口を半開きにする4つの理由
猫が「あごのせ」してくる5つの心理

  1. 元横綱・白鵬の宮城野親方に2階級降格と3か月の報酬減額 北青鵬については引退届受理も「引退勧告相当の事案」
  2. 「夫婦同姓しか選べないのは日本だけ」 夫婦“別姓”求め12人が提訴へ 妻の姓を名乗る「サイボウズ」青野社長の考えは?【news23】
  3. 【3連休・関東雪の見通し】きょう午後も南部は雨や雪続く 連休最終日の夜~連休明けは再び雪 北部中心に大雪のおそれも
  4. 【サンマルクカフェ×桔梗信玄餅コラボ】黒蜜・きなこ・もちもち食感が一体に、期間限定チョコクロ・パフェ・ドリンク
  5. 【ハッピーセット「ポムポムプリン」第一弾レビュー】マクドナルド×サンリオ人気キャラのコラボおもちゃ【朝マックで購入】
  6. マスターズ参戦決定後初の久常涼は69で29位スタート【ゴルフ・メキシコオープン】
  7. 疲弊するウクライナ 侵攻2年 長引く戦争で課題は“徴兵逃れ”「誰もが生きたいのです」【現場から、】
  8. 民間企業初 米国の無人着陸船が月面着陸成功
  9. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  10. 飼い主と『自然に会話する猫』に驚愕…言葉に反応する様子に1万7000人絶賛「お返事上手」「すごい賢い」の声
  1. スウェーデンで目撃された“白い鹿”まるで神の使いのよう
  2. 【ステーキ宮】4年に1度の肉の日クーポン配信、厚切りキューブロールステーキ+スープバーセット付がおトクな値段に、アプリ会員・SNSフォロワー限定【2月23日~2月29日】
  3. 【ハッピーセット「星のカービィ」第一弾レビュー】マクドナルド初コラボ おもちゃはぬいぐるみ、ワドルディも【朝マック限定クーポンでお得に】
  4. “バブル期”超え 日経平均株価34年ぶりに史上最高値更新 投資バーでは嬉しい悲鳴 でも実感は…あの頃と何が違う?【news23】
  5. 手押し車の80歳男性 遮断機下りて取り残されたか 特急にはねられ死亡
  6. 64歳の誕生日を迎えられた天皇陛下 一般参賀で「心からお見舞いをお伝えいたします」能登半島地震の被災地へ改めてお言葉
  7. FUJIWARA・藤本敏史さんが活動再開 去年に自家用車で接触事故
  8. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  9. 「夫婦同姓しか選べないのは日本だけ」 夫婦“別姓”求め12人が提訴へ 妻の姓を名乗る「サイボウズ」青野社長の考えは?【news23】
  10. 3月9日“さ・く”は「さけるチーズの日」!制定記念『さけるチーズフェス 2024』が3月9日(土)アーバンドック ららぽーと豊洲にて開催
  11. 3連休初日のきょうは寒い!関東地方の一部で積雪も…24日も気温が低い
  12. 民間企業初 米国の無人着陸船が月面着陸成功
  1. 愛犬の老化を早めている『飼い主のNG行為』4選! やりがちなダメ行動と健康寿命を延ばす秘訣とは
  2. ランチでも上質肉に舌鼓「ヒレ焼肉 京都園」
  3. 【食にまつわるトレンド予想】来年流行る食べ物や飲食業態は?
  4. 『お行儀が良すぎる大型犬』に250万人が感動!理想的な食事風景に「賢すぎる」「ペットは家族の一員ってこういうことか」
  5. 生後20日の柴子犬ちゃんに『おはよう』と言ってみたら…圧倒的可愛さで226万再生を記録「クッソかわええ」「目の保養」
  6. 【読めたらスゴイ!】「口風琴」とは何のこと!?素敵な音色を奏でる楽器のことです。この漢字、あなたは読めますか?
  7. 遠くからでも見逃さない?仔ウシは哺乳瓶が目に入ると一直線に走ってきた!!【アメリカ・動画】
  8. 床暖房つけてもらってぬくぬく!ごろりと寝転がりおててぎゅっとしているうちに眠った猫がかわいすぎると話題に!!

キューブ・ソフトからのお知らせ