猫の「お尻」にまつわる危険な4つの病気 お尻が汚れる・におうなどチェックすべきポイントも

愛猫の健康管理の一環として、お尻のトラブルがないかどうかをチェックすることが大切です。お尻にまつわる病気で特に注意したいものや、日頃からチェックすべきポイントをご紹介します。

猫のお尻にまつわる危険な病気

お尻を舐める猫

1. 肛門嚢炎

肛門嚢炎とは、猫のお尻にある肛門嚢(肛門腺)という器官が炎症を起こしてしまっている状態のことです。肛門嚢は袋状になっており、強い臭いがする分泌物が溜まっています。

通常は便と一緒に分泌物も排出されるのですが、肛門嚢が詰まってしまうと排出されずに溜まり続けることも。そして分泌物が溜まりすぎたり細菌に感染したりした結果、肛門嚢炎になってしまうのです。

肛門嚢炎を予防するには、炎症を引き起こす前に肛門腺しぼりをして分泌物の排出を促す必要があります。基本的に猫に肛門腺しぼりは不要ですが、愛猫が分泌物が溜まりやすい体質をしている場合や、お尻を気にする場合には肛門腺しぼりをしましょう。

2. 肛門嚢破裂

肛門嚢炎が重症化すると、肛門嚢破裂を引き起こす危険性があります。肛門嚢破裂とは、その名の通り肛門嚢が破裂してしまうことで、皮膚に穴が開いて溜まった膿や血が出てくることも多いです。

肛門嚢が破裂すると皮膚を縫合する必要も出てくるので、愛猫に負担をかけないためにも予防を心がけたいですね。肛門嚢が炎症を起こしてしまった時点で、愛猫を動物病院に連れて行き、適切な治療を受けて症状の進行を抑えましょう。

3. 直腸脱

便秘や下痢などの原因で肛門から直腸がはみ出して直腸脱を引き起こすことがあるので注意が必要です。直腸が肛門からはみ出た状態で過ごしていると、損傷したり壊死したりする危険性もあります。

直腸脱の原因となった問題の対策をすることは直腸脱の予防にもつながるので、直腸脱につながり得る下痢や便秘などの問題がないか普段から気を付けて観察しましょう。また愛猫の下痢や便秘が続いている時には、放置せずに早めに動物病院で治療を受けることも大切です。

4. 条虫症

条虫症とは、瓜実条虫などの寄生虫が原因で引き起こされる感染症です。条虫に寄生されるとお尻に違和感や痒みが出ることがあるので、猫が頻繁にお尻を舐めたり地面にこすりつけたりしている時は要注意。また寄生虫の量が多い場合は、下痢や血便といった症状が出ることもあります。

条虫症の予防としては、瓜実条虫の感染源であるノミの予防・駆除を徹底することやネズミやカエルなど外にいる生き物と猫を接触させないことなどが効果的です。また子猫をお家に迎えた時や外で暮らしていた猫を保護した時には、糞便検査をして寄生虫がいないかどうかチェックすることも重要ですよ。

猫のお尻をチェックするポイント

病院でお尻をチェックしてもらう猫

猫のお尻のトラブルの有無をチェックする際は、汚れやにおいなどの異常がないかどうかがポイントです。お尻が汚れている場合は炎症の原因になるので、すぐに綺麗にしてあげましょう。においが気になる場合は、肛門嚢炎や肛門嚢破裂の疑いがあります。

また猫の仕草から、お尻のトラブルに気づけることも多いです。猫がお尻を気にして舐めていたり、お尻を床にすりつけて歩いていたりする時はお尻に違和感があるサイン。お尻にまつわる病気の可能性を考えて、愛猫のお尻の状態をチェックしてみてください。

肛門嚢のトラブルが疑われる場合でも、飼い主さんの自己判断で肛門腺しぼりをするのはおすすめできません。お尻ではなく、泌尿器や生殖器のトラブルがにおいや違和感の原因になっている可能性もあるため、まずは動物病院で相談するとよいでしょう。

まとめ

お尻を向ける子猫

愛猫の健康を守るうえで、お尻に異常がないかどうかをチェックすることは大切です。「最近お尻がくさい気がする…」「お尻を舐めている姿をよく見るな」など気になる点があるのなら、早めに動物病院で診察を受けましょう。

また日頃から愛猫のお尻を清潔に保つことや、下痢や便秘を予防して健康的なウンチが出るようにすることもポイントですよ。

関連記事

猫が一緒に寝てくれない6つの理由と一緒に寝る方法
猫が顔の近くで寝る4つの理由と飼い主への信頼度
猫が甘噛みをする6つの理由としつけ方法
猫が「あごのせ」してくる5つの心理
猫が悲しい鳴き声を出している時の心理5つ

  1. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  2. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  3. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  4. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  5. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  6. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  7. 自民・広瀬議員不倫認め謝罪 議員辞職や離党は否定 “赤ベンツ不倫”週刊誌報道
  8. Uber Eatsがあすから国内初の自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定
  9. 森永卓郎さんの「フェイク音声」も… 株価4万円超や新NISA、高まる“投資熱”の裏で手口が巧妙化 有名人をかたる投資詐欺【news23】
  10. スーパーチューズデー直前にトランプ氏が“大きな勝利” 連邦最高裁が大統領選への出馬資格認める
  11. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁
  12. 侍ジャパン 2024年初陣へ“次世代侍”は「慣れない状況でいかに自分の力を出せるか」明大・宗山が源田から学ぶ