犬に生肉を与えることは薬剤耐性菌を増加させるという研究結果

犬の生肉食と薬剤耐性菌の研究は数多く発表されていますが、これらの関連を示す研究結果がまた新しく報告されました。

フルオロキノロン系抗菌薬への耐性菌と家庭犬の関連を調査

生肉の塊とダックスフンド

抗生物質(抗菌薬)は、世界中で感染症治療に広く使われています。中でもフルオロキノロン系抗菌薬は世界保健機構によって最重要抗菌薬に分類され、人間の医療と家畜やコンパニオンアニマルの獣医療において広く使用されています。

しかし、フルオロキノロンが多く使用されるようになったことで、大腸菌のフルオロキノロン耐性率が上昇していることが世界的な問題となっています。

このたびイギリスのブリストル大学の細胞分子医学の研究チームが、家庭犬がフルオロキノロンに耐性を持つ大腸菌をどの程度保有しているのか、犬が排泄するこれらの大腸菌の原因となるものが何であるかを調査し、その結果が発表されました。

生肉食は犬が耐性菌を排泄するリスク因子

生肉を使った犬の食事

調査対象となったのは、農村部から303頭、都市部から297頭の合計600頭の健康な家庭犬です。すべての犬から糞便サンプルが採取され、サンプルに含まれる大腸菌が分析されました。

さらに飼い主にアンケートへの回答を依頼し、愛犬の健康状態、食事の内容、散歩の環境、抗生物質による治療の有無などが詳細に調査されたそうです。

糞便サンプルの分析の結果、農村部の犬の7.3%と都市部の犬の11.8%からフルオロキノロン耐性大腸菌が検出されました。

農村部の犬から検出された耐性菌の大部分はST744というタイプで、これは牛では一般的で人間では稀なものです。一方、都市部の犬からはより広範囲の種類のフルオロキノロン耐性菌が検出されました。

耐性菌が検出された犬についての飼い主の回答を検証したところ、生の肉を犬に与えることが、犬の糞便中にこれらの耐性菌が排泄されることに関する唯一のリスク因子であることが示されました。

この結果は犬に生肉を与えることと、薬剤耐性菌を排泄することの関連を示す過去の研究と一致するものです。

犬に生肉食を与える場合は厳格な管理が必要

パックされた犬の生食用の肉

この研究の目的は犬の生肉食に焦点を当てることではなく、犬の糞便中に薬剤耐性大腸菌を排泄しやすくする要因を調べることでした。

調査の結果は前述の通り、犬に生肉を与えることとフルオロキノロン耐性大腸菌の排泄の間には、非常に強い関連があることが明らかになりました。

研究者は、生肉は人間用であれ犬の生食用であれ薬剤耐性大腸菌が付着している可能性が高いため、飼い主は犬に給餌する際の入念な手洗いや、衛生管理の徹底を求めています。

また生肉食の犬は、非常に高い確率で薬剤耐性菌を排泄しているので、犬の排泄物の衛生管理は特に厳格に行なう必要があります。つまり少しでも犬のウンチの取り残しがあると、薬剤耐性菌による環境汚染が起きる可能性があるということです。

犬が薬剤耐性菌を排泄するリスクを減らす対策は、「生肉食をやめる」または「抗生物質の使用量が非常に少ない農場で飼育された動物の肉だけを与える」ことだと研究者は述べています。

また、肉を調理して与える場合には犬の生食用の肉ではなく、人間用の調理することが前提の肉を使うようにとのことです。生食用肉には、加熱すると危険な骨などが含まれる可能性があるからだと思われます。

飼い主だけでなく、犬の生食用の肉を販売する業者の責任も問われています。販売前に耐性菌の検査をすることや、生食用の肉には細菌数についてより厳しい規制を設けることが対策案として挙げられています。

まとめ

生肉を与えられているローデシアンリッジバック

家庭犬が糞便中に薬剤耐性菌を排泄することと、生肉を与えられていることに強い関連があることが明らかになったというイギリスでの調査結果をご紹介しました。

医療の現場では、人間でも獣医療でも薬剤耐性菌を少なくするために抗生物質の使用を控える努力が行われています。犬に生の肉を与える場合には、愛犬だけでなく飼い主家族、周囲の環境に及ぼす影響をよく知り、徹底した対策を取る必要があることを知らせる研究結果でした。

《参考URL》
https://doi.org/10.1016/j.onehlt.2023.100640

関連記事

犬の散歩をしないことにより起こる4つのリスク
犬が玄関から離れないときの心理
犬が飼い主に『頭をこすりつける時』の心理5選
犬に好かれる人の4つの特徴
犬がミネラルウォーターを飲んでも大丈夫?硬水と軟水の違いを解説

  1. 疲弊するウクライナ 侵攻2年 長引く戦争で課題は“徴兵逃れ”「誰もが生きたいのです」【現場から、】
  2. 民間企業初 米国の無人着陸船が月面着陸成功
  3. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  4. 3連休初日 関東の一部では積雪も 真冬並みの寒さに
  5. ウクライナ侵攻2年 バイデン政権がロシアに追加制裁へ
  6. 手押し車の80歳男性 遮断機下りて取り残されたか 特急にはねられ死亡
  7. 便秘解消で労働生産性向上?一般用医薬品の非刺激性便秘薬「マグミット®K」発売
  8. 猫に嫌われちゃう『ダメな話し方』4つ せっかくの愛情もこれでは猫に伝わらない?
  9. 犬の『いびき』実は病気のサインかも…病院へ行くべき危険な4つのサインや見極め方
  10. 能登半島地震 行き場を失った農産物 販売会で支援
  1. スウェーデンで目撃された“白い鹿”まるで神の使いのよう
  2. 【ステーキ宮】4年に1度の肉の日クーポン配信、厚切りキューブロールステーキ+スープバーセット付がおトクな値段に、アプリ会員・SNSフォロワー限定【2月23日~2月29日】
  3. 【ハッピーセット「星のカービィ」第一弾レビュー】マクドナルド初コラボ おもちゃはぬいぐるみ、ワドルディも【朝マック限定クーポンでお得に】
  4. “バブル期”超え 日経平均株価34年ぶりに史上最高値更新 投資バーでは嬉しい悲鳴 でも実感は…あの頃と何が違う?【news23】
  5. 【速報】64歳の誕生日を迎えられた天皇陛下 一般参賀で「心からお見舞いをお伝えいたします」能登半島地震の被災地へ改めてお言葉
  6. 鹿の親子が道路を横断!停車し見守っていると!まさかの当り屋バンビ?
  7. 千賀滉大、右肩後方の張りで離脱「過ぎたことを後悔するより、次に向けてもっともっといい選手に」
  8. FUJIWARA・藤本敏史さんが活動再開 去年に自家用車で接触事故
  9. 松井裕樹、圧巻の3者連続Kデビューに「ホッとした」 指揮官も「良いデビューだった」
  10. 73歳の女性が乗用車にはねられ死亡 41歳の男逮捕 事故当時は小雨 群馬・館林市
  11. 3月9日“さ・く”は「さけるチーズの日」!制定記念『さけるチーズフェス 2024』が3月9日(土)アーバンドック ららぽーと豊洲にて開催
  12. 「人道上看過できない」「実情を無視」なぜ高裁は痛烈に国の姿勢を批判したのか?難民訴訟でミャンマー少数民族の男性が逆転勝訴
  1. ワインのアルコール度数はどのくらい?アルコール度が20度を超えるワインが無い?
  2. 日本で注目される最新のドローン活用 水空合体ドローンにも注目!
  3. 周囲に迷惑がられているかも…?愛犬家あるあるな『親バカ行為』5選
  4. 「墨守」と言われる人はどんな人?どんな意味?その由来はある人物の行動から来ていた!
  5. 猫は肛門腺の細菌が作り出すニオイでコミュニケーションをする 米国研究チームが発表
  6. あいた〜!リスを追って庭を走ろうとした犬。ところがジャンプする距離を見誤り・・、とんでもないことに!!
  7. モワンコし過ぎなだけ?!文鳥の体調が不安になり病院に行ったら・・お医者さんの言葉にビックリ!だけど健康でよかった!!
  8. 『部屋から脱出する猫を全力で止めるカワウソ』仲の良い2匹に123万人が悶絶 「可愛すぎる!」「これが萌えるってことか」

キューブ・ソフトからのお知らせ